【6/1開催オンラインセミナー】ASP.NET Core環境でActiveReportsを使ってみよう!(.NET 6対応版)

【オンラインセミナー】ASP.NET Core環境でActiveReportsを使ってみよう!(.NET 6対応版)

2016年にWindows、Linux、Macといったクロスプラットフォームで動作する .NET Coreが登場し、昨年2021年11月にはその後継の .NET 6が正式リリースとなりました。
.NET 6は長期サポートバージョン(LTS)であるということもあり、弊社のお客様でも新規開発や、現行システムの移行先のプラットフォームとして採用を検討されるケースが増えてきています。

弊社の開発ツール製品もこういったお客様のご要望にお応えするべく、日々開発を進めており、2022年4月20日にリリースした.NET帳票コンポーネント「ActiveReports for .NET(アクティブレポート)」の最新バージョン「16.0J」では、これまで .NET Coreに対応していた「ページレポート」、「RDLレポート」だけでなく、ActiveReportsが販売当初から提供しているレポート形式「セクションレポート」を .NET 6( .NET Core含む)環境で使用できるようになりました。

今回のセミナーでは、ASP.NET CoreとActiveReports for .NET 16.0J(セクションレポート)を使用してスクラッチで開発したWebアプリケーションを、Linux環境で実行する方法について、ASP.NET Core環境で使用する場合の注意点などを交えながら解説いたします。

お申込み、セッション概要はこちら

こんな方にオススメ

  • ActiveReports for .NETの14.0J以前のバージョンをご利用中の方
  • ActiveReports for .NETの16.0Jをご検討中の方
  • ActiveReports for .NETの16.0Jの新機能を知りたい方
  • ActiveReportsのASP.NET Core環境での使い方を知りたい方
  • ActiveReportsのLinux環境での運用をご検討中の方

開催概要

開催日時2022年6月1日(水)14:00~14:40
会場オンライン
定員50名
参加費無料
主催グレープシティ株式会社 ツール事業部