【オンラインセミナー】はじめてのActiveReportsJS(帳票デザインの基本編)

オンラインセミナー「はじめての「ActiveReportsJS」~帳票デザインの基本編~」

請求書や見積書、売上明細など業務システムに欠かせない日本の「帳票」ですが、その作成には非常に厳格な要件が付き物です。
罫線のスタイルや、行間や文字間隔、禁則処理、グラフやバーコードの出力、改ページの制御、条件に応じた動的な文字出力など、挙げればキリがありません。今回はこういった帳票開発にかかる工数を大幅に削減できる帳票開発ツールとして「ActiveReportsJS(アクティブレポートJS)」をご紹介します。

ActiveReportsJSはJavaScriptで動作する帳票開発ツールで、帳票の作成や出力はすべてブラウザ上で実行されます。そのため、サーバー側での処理や設定を気にすることなく、手軽にWebアプリケーションに帳票出力機能を実装することが可能です。
また、帳票レイアウトのデザインには、WindowsだけでなくMacにもインストールできるスタンドアロンのデザイナアプリケーションを使用します。18種類のレポートコントロールをはじめとした豊富なデザイン支援機能で、厳格な日本の帳票要件に対応できます。

本セミナーでは、ActiveReportsJSにおける帳票デザインの基本を、デモを交えながら詳しく解説します。

こんな方にオススメ
  • ActiveReportsJSの導入をご検討されている方
  • 帳票開発ツールの導入をご検討されている方
  • Web帳票アプリケーションをモダナイゼーションしたい方

▼お申込みはこちら

開催概要

開催日時 2021年1月29日(金)14:00~14:40
会場 オンライン
定員 30名 → 45名(増席しました)
参加費 無料
主催 グレープシティ株式会社 ツール事業部