SpreadJS V15.1Jの新機能

SpreadJS(スプレッドJS)」の最新バージョン「15.1J」を2022年7月27日(水)にリリースします。同バージョンでは、SpreadJSの機能やExcelライクな操作性はそのままに、よりグリッドビューライクなデータ表示を実現できる新機能「テーブルシート」が追加され、従来のワークシートでは難しかった多様なデータ表現を実現できるようになりました。

テーブルシート
テーブルシート

そのほか、ピボットテーブルにおける日付データの絞り込みに便利な「タイムラインスライサー」の追加や、異なるワークブック上のデータを参照して計算する「クロスワークブック計算」への対応、リボンコンテナにおけるカルチャサポートなど、合計で20を超える新機能の追加および機能強化を実施しています。

タイムラインスライサー
クロスワークブック参照
クロスワークブック参照

製品のWebサイトではこれらのアップデート内容を動画や画像付きでご紹介していますので、是非ご確認ください。

また、本件に関するニュースリリースは以下をご覧ください。