SpreadJS V14J&InputManJS V3Jリリース!

ExcelライクUIを実現するJavaScriptスプレッドシートライブラリ「SpreadJS V14J(スプレッドJS)」と、日本仕様にこだわった入力支援JavaScriptライブラリ「InputManJS V3J(インプットマンJS)」を2021年1月27日(水)に同時リリースしました。
両製品で、数多くの新機能および機能強化を行っています。

SpreadJS V14J&InputManJS V3J

SpreadJS V14J

「V14J」では新コンポーネント「リボンコンテナ」を追加しました。リボンメニューの搭載によって、より簡単にExcelのようなレイアウトの設計が可能となり、操作性に優れたWebアプリケーションを実現できます。
加えて、「ファンネルチャート」のサポートやパターンによる背景の塗りつぶしなどのチャート機能の強化のほか、任意のセル範囲のHTML出力やヘッダセルにおけるスパークライン表示の対応といったセル機能も大幅に強化しています。

InputManJS V3J

「V3J」では、クライアントサイドにおける「電卓」や「ソフトウェアキーボード」の表示、「ファンクションキー」の利用、「ショートカットキー」による様々なアクションができるようになったほか、フォームに過去の入力データを復帰できる「フォームデータの永続化」に対応しました。

【SpreadJS】新配布ライセンスを発売

「SpreadJS V14J」のリリースと同日の1月27日(水)より、「機能限定配布ライセンス」と「機能限定テスト配布ライセンス」を新発売いたします。
V14Jからは通常の配布ライセンスに新コンポーネント「リボンコンテナ」が含まれますが、「機能限定配布ライセンス」および「機能限定テスト配布ライセンス」は、SpreadJS本体だけを配布できるライセンスとなっています。

価格やライセンス体系は以下よりご確認ください。

本件についてのニュースリリースは以下よりご確認ください。