SPREAD for Windows Forms 15.0Jリリース!

Microsoft Excel®と互換性の高い表計算データグリッドコンポーネント「SPREAD for Windows Forms(スプレッド)」の新バージョン「15.0J」を、本日2022年2月24日(木)にリリースしました。

SPREAD for Windows Forms 15.0J

同製品には、フィルタリングやソート、数式、条件付き書式、チャートなど、Excelライクな外観と操作性を実現させるための機能が多数搭載されています。
新バージョン「15.0J」では、「ショートカットキー」や「挿入ダイアログ」「ハイパーリンク」「コメント」「フリーフォームシェイプ」などのExcel互換機能を追加したほか、テーブルバインディングやテーブルの自動拡張、スパークライン関数など、数多くの機能追加と強化を行っています。
また、本バージョンではマイクロソフトのアプリケーションフレームワーク「 .NET 6」をサポートします。 .NET 6を利用して、パフォーマンスの高いWindowsフォームアプリケーションを開発することが可能です。

このほかの新機能の詳細については、以下のWebサイトをご確認ください。

15.0Jより、無料で製品をお試しいただけるトライアル版の試用期間を30日に拡大しました。よりExcelライクなUIを実現できるようになったSPREAD for Windows Formsをぜひお試しください。

同製品の保守サービスをご契約中のお客さまは、お持ちの開発ライセンスを最新バージョンへバージョンアップできる「フリーアップグレード」のご利用が可能です。お手続き方法については以下をご確認ください。