2月24日リリース!SPREAD for Windows Forms 15.0J

Microsoft Excel®と互換性の高い表計算データグリッドコンポーネント「SPREAD for Windows Forms(スプレッド)」の新バージョン「15.0J」を2022年2月24日(木)に発売いたします。

SPREAD for Windows Forms 15.0J

約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「15.0J」では、マイクロソフトのアプリケーションフレームワーク「 .NET 6」に対応します。 .NET 6を利用して、パフォーマンスの高いWindowsフォームアプリケーションを開発することが可能です。
また、Excelと互換性のある機能を多数追加しています。下記はその一例です。

  • Excel互換のショートカットキー
  • 挿入ダイアログ
  • ハイパーリンク
  • コメント
  • シートタブの強化
  • Excelライクなコピー&ペースト
  • フリーフォームシェイプ
  • 拡張カメラシェイプ
  • Excel互換の関数(LAMBDA、VALUETOTEXT、ARRAYTOTEXT、LET関数など)

このほかにも、テーブル機能の強化やスパークライン関数の追加、デザイナのアイコンやフォントといったUIを刷新するなど数多くの機能追加・強化を行っています。
最新版「15.0J」の新機能の詳細については以下のWebサイトよりご覧ください。

本件についてのニュースリリースは以下からご確認ください。