新元号「令和」とVisual Studio 2019に対応するサービスパックをリリース

新元号「令和」とVisual Studio 2019に対応するサービスパックを2019年4月17日(水)にリリースしました。
それぞれのサービスパック提供製品は以下のとおりです。

製品名 対象バージョン 新元号 Visual Studio 2019
ActiveReports for .NET 12.0J
CalendarGrid for Windows Forms 2.0J
DioDocs for Excel ※1 V2J
InputMan for ASP.NET 10.0J
InputMan for Windows Forms 10.0J
InputMan for WPF 2.0J
InputManJS V2J
MultiRow for Windows Forms 10.0J
PlusPak for Windows Forms 10.0J
SPREAD for ASP.NET 10.0J
SPREAD for Windows Forms 12.0J
11.0J
10.0J
SPREAD for WPF 2.0J
SpreadJS V12J
Wijmo 5/Wijmo Enterprise ※2 2019J v1

※1 2019年4月24日(水)にマイナーリリースで対応します。
※2 2019年4月24日(水)にメジャーリリースで対応します。

なお、ComponentOneは、2019年4月10日にリリースした「2019J v1」で
新元号「令和」および「Visual Studio 2019」に対応しています。

サービスパックは以下のアップデートページよりダウンロード可能です。

和暦の新元号への対応方法

新元号のサービスパックを適用する以外に、外部ファイルやコードによる設定で
新元号に対応する方法もございます。詳しくは以下のページをご覧ください。