GrapeCity.devlog

グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の、製品のTIPSや発売などに関する最新情報をお届けします。

GrapeCity

ComponentOneのRulesManagerで動的にデータグリッドの書式を変更する

2020年8月26日に.NET UIコンポーネントセット「ComponentOne(コンポーネントワン)」の最新バージョン「2020J v2」をリリースしました。

今回はこの「2020J v2」で追加された機能の中から、新しく追加されたコントロール「RulesManager(ルールマネージャー)」を紹介します。

RulesManagerコントロール

RulesManagerコントロールはComponentOneのデータグリッドコントロール「FlexGrid(フレックスグリッド)」で表示しているデータに対して、アプリケーションの実行中に条件付き書式を設定および反映できるコントロールです。予めコードで条件付き書式を設定して反映するためのイベントを準備しておく必要がなく、インタラクティブに条件付き書式を設定してFlexGridへ反映することができます。

FlexGridとの連携方法

Windows FormsアプリケーションのフォームにFlexGridコントロールc1FlexGrid1とRulesManagerコントロールc1RulesManager1を追加して

以下のコードを記載するだけで連携できます。

c1RulesManager1.SetC1RulesManager(c1FlexGrid1, c1RulesManager1);

条件付き書式の設定方法

設定方法も非常にカンタンです。ここではFlexGridに表示されている「UnitsInStock」列のデータに対して条件付き書式を設定してみます。

まず「ルールの追加」をクリックします。

以下のように設定項目が表示されます。

「ルール名」をtest、適用範囲を[UnitsInStock]に設定します。

条件付き書式のルールはデフォルトで使える代表的なルールがコンボボックスに含まれています。

今回は指定された値より大きい値を設定します。指定する値は50を設定します。

最後に書式を設定します。セルのテキストを太字にして罫線の色を設定します。FlexGridで条件に該当するセルに対して条件付き書式が反映されます。

他にも条件付き書式を追加したい場合は、再度「ルールの追加」をクリックして追加できます。

設定した条件付き書式を削除したい場合は、ゴミ箱アイコンをクリックします。


本記事ではRulesManagerを紹介しましたが、その他にもComponentOneは機能豊富なコントロールをを揃えています。実際の動作はこちらのデモでご確認いただけます。

ComponentOneの「2020J v2」には今回紹介したRulesManager以外にも様々な新機能追加・機能強化が行われており、その内容はこちらのページで確認することができます。

  • グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の製品・技術資料をご覧ください。
  • グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の製品のデモアプリケーションをお試しください。