GrapeCity.devlog

グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の、製品のTIPSや発売などに関する最新情報をお届けします。

GrapeCity

ActiveReportsJS V2Jの新機能

JavaScript帳票ライブラリ「ActiveReportsJS(アクティブレポートJS)」の新バージョン「V2J」を、2020年12月16日(水)にリリースします。「V2J」では以下のような数々の機能追加や強化が実施されております。

ActiveReportsJS V2Jの新機能と機能強化

Webデザイナコンポーネント

エンドユーザーがWeb上で帳票の新規作成や変更を行えるデザイナアプリケーションを作成できる、JavaScriptのWebデザイナコンポーネントが追加されました。

開発者用のデスクトップアプリのデザイナのベースとなったコンポーネントなので、通常の開発者向けのデザイナと同等の機能と操作性を備えています。

Webデザイナコンポーネント

JSONデータソースの強化

JSONデータソースの設定ダイアログを刷新し、「式」を使った動的なエンドポイントの設定や、ヘッダ/クエリパラメータの設定機能など、よりWeb APIを使った開発がやりやすくなります。

また、階層形式のJSONデータにも対応したので、マスター詳細形式の帳票の作成などがより簡単になりました。

階層形式のJSONデータをサポート

レイヤー機能

.NET版のActiveRepotsでも好評だった、「レイヤー機能」が追加されました。レポートデザイナ上に複数のレイヤーを作成し、各レイヤー上にレポートコントロールを配置できます。

プレ印字の用紙にデータ部分のみを印刷したり、既存の帳票をスキャンした画像を配置したレイヤーを用意して、トレースしながらのデザインなども可能です。

レイヤー機能

すべての新機能はWebサイトで確認することができますので、ぜひご覧ください。

  • グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の製品・技術資料をご覧ください。
  • グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の製品のデモアプリケーションをお試しください。