GrapeCity.devlog

グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の、製品のTIPSや発売などに関する最新情報をお届けします。

GrapeCity

ActiveReportsJS V1.2Jリリース!

ActiveReportsJS(アクティブレポートJS)の最新サービスパック「ActiveReportsJS V1.2J」を2020年5月27日(水)にリリースしました。

本バージョンでは、これまでにお客様からご報告いただいた不具合の修正に加えて以下のような新機能追加、機能強化を実施しています。

新機能・機能強化の概要

新しいコントロールを追加

Header、Footer、Detailsなどの「バンド」を使って帳票をデザインするデータ領域「BandedList」コントロールを追加しました。

BandedListコントロール

そのほか、PDFフォームを作成するためのレポートコントロール「InputField」も追加しています。

InputFieldコントロール

SVG形式の画像に対応

ImageコントロールでSVG形式の画像が使用できるようになりました。 デザイナ、ビューワでの表示のほか、PDF、Excel、HTML形式にエクスポートした場合にも対応します。

SVG形式の画像に対応<

Wijmoとの連携サンプル・デモを追加

JavaScript開発ライブラリ「Wijmo(ウィジモ)」のFlexGrid上に入力・表示されたデータを、ActiveReportsJSで帳票として出力するサンプルアプリケーションを、製品同梱のサンプルとして追加しました。

Wijmoとの連携サンプル・デモを追加

また、同サンプルをデモアプリケーションとして公開しています。

上記を含め、すべての新機能は製品Webサイトをご確認ください。

  • グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の製品・技術資料をご覧ください。
  • グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の製品のデモアプリケーションをお試しください。