GrapeCity.devlog

グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の、製品のTIPSや発売などに関する最新情報をお届けします。

GrapeCity

.NET Conf in Tokyo 2019に行ってきました

先日公開した記事の中でもご紹介しましたが、.NET Core 3.0のGAにあわせて開催された.NET Conf 2019のローカルイベント、「.NET Conf in Tokyo 2019」が10月27日(日)に日本マイクロソフトの品川オフィスで開催されました。スピーカーも.NET界隈の著名人ばかり。

超人気のイベントで参加は抽選でしたが、運よく当選して参加できましたので、今回はその内容を簡単にご紹介したいと思います。

ちなみに本イベントで司会や運営などを担当されていた森さんは、CodeZineの記事執筆や、弊社イベントでのご登壇などでお世話になっている方です!

What’s New in .NET Core 3.0 and Visual Studio 2019 for .NET developers

キーノートはマイクロソフトの米国本社で .NET Base 開発チームのDirectorを務めるSteve Carrollさんです。ちなみに全編英語での発表です。

内容は基本的には.NET Core 3.0で新しく追加された機能の紹介でした。マイクロサービスへの対応(gRPC対応など)、C#8.0、デスクトップアプリの.NET Core対応、Blazorなど。あとはVS2019の最新情報も。

Steveさんのデモで使っていたVS2019はタブが縦に並んで表示されていて、そんな機能あったかな、と思っていたら、これも最近出たプレビュー版の新機能でした。

VS2019についてはローンチされてからあまり情報を追えていなかったのですが、まだまだ進化が続いてますね。

今後のロードマップについての話もありましたが、.NET Core 3.1のリリース日が11月⇒12月になっていてTwitterがちょっとざわつきました。

.NET の今と今後に思うこと (Tokyo Ver.)

弊社のイベントなどでいつもお世話になっている、マイクロソフト井上章さんのセッションです。.NET Core 3.0や.NET 5の話が中心です。印象に残った点をいくつか。

.NET Frameworkの今後について
.NET Frameworkは4.8が最後のメジャーバージョンアップ。ただ、最後なのはメジャーバージョンアップなので、4.8.1、4.8.2、4.9などが出る可能性はある。

Visual Studio App CenterのWPF/Windows Forms対応
配布したWPFアプリのクラッシュレポートを受け取れる(Stack Traceなど)。

ASP.NET Core Blazor
ASP.NET Web Formの代替最有力。C#でSingle Page Applicationが作れる。裏側でJSは存在するが、ユーザは意識しなくてよい。共通して使う部分を部品化することも可能(Razorクラスライブラリ)。

.NET Core 3.0 + Windows 10 で WPF 開発

デスクトップアプリ界隈ではおなじみマイクロソフト大田一希さんのセッションです。MSIXでの配布や、.NET Frameworkから.NET Coreへの移行のデモなど。

いつかうちのClickOnceデモたちもMSIXに移行したいですね…。(Windows10の壁は厚い…。) XAML Islandも触ってみたいけど時間がない…(泣

結構デモでトラブってたのですが(.NET Coreのバージョン指定間違えてた?)、急遽スクラッチで代わりのアプリを作るなど、さすがの対応でした。

「当たり障りのない画像」を使って冷静にデモする姿が印象的でした。

Inside FastEnum

続いてはMicrosoft MVPのじんぐるさんこと、鈴木孝明さんのセッション。高速化された.NET Coreの中でEnumだけが遅い!ということで、じんぐるさんが開発された「FastEnum」を高速化するために行った様々なテクニックのご紹介。ナノ秒の世界のチューニングとかすごすぎ…。

普段UIのコンポーネントばかり触っているので、この辺のチューニングを意識することがあまりないのですが、プレゼンが上手だったので楽しく聞けました。本家へのプルリクも検討しているとのことで、今後にも期待です。

C# 8.0 非同期ストリーム

最後は「++C++; // 未確認飛行 C 」サイトの管理者である岩永信之さんのセッションです。非同期処理の話だけで50分というなんとも中身の濃いセッションでした。

セッション中のデモでもgRPCを使用していましたが、こういった非同期処理の拡張もマイクロサービスやクラウドへの対応を意識してのものですかね。

この機能に限らず、C#の新機能はほとんどキャッチアップできていないので、こういうイベントで解説していただけると良いですね。機会があればサンプルやデモ用のアプリ作成で使ってみたいと思います。

おわりに

イベント中にTwitterで以下のようなアンケートを行っていました。スピーカーの大田さんをはじめ、何人かの方にリツイートしていただいたおかげでたくさん回答が集まりました!
(結果は回答期限がくるか、アンケートに回答することで見ることができます。)

回答していただいた方はイベント参加者が中心かと思いますが、前回メルマガ読者に行ったアンケートの結果と比較すると、.NET Core 3.0の採用に前向きな方が非常に多いことがわかります。

.NET Coreの採用は弊社のようなサードパーティのツールが対応していないことが足かせになりうるので、弊社ツールの.NET Core対応も急ピッチで進めていきたいと思います!

P.S.
最後に行われたプレゼント大会でゲットしたリサイクルできるストローです。他にも井上さんの書籍、スピーカーなどあり、そちらは大人気でじゃんけんでプレゼントだったのですが、ストローは不人気でしたね…。戦わずしてゲットできました^ ^;

.NET Conf in Toyko 2019 戦利品

  • グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉ではエンジニア経験者を幅広く募集しています。
  • グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の製品のデモアプリケーションをお試しください。