GrapeCity.devlog

グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の、製品のTIPSや発売などに関する最新情報をお届けします。

GrapeCity

Webアプリのクライアント性能を大幅にアップ!モダンブラウザ移行のすすめ

こんにちは。日頃、皆さまはどんなWebブラウザをお使いでしょうか。プライベートではお好きなものを状況にあわせてご利用かと思いますが、オフィスで使うブラウザはInternet Explorer(以降IEと記述)一択、という方が多いのではないでしょうか。

IEは長年、Windowsの標準ブラウザと利用されてきました。企業内で使われる業務アプリケーションの多くがこのブラウザにあわせて開発されており、現在でもその多くが稼働しています。

そんな馴染みのあるブラウザIEについて最近、大きなニュースが駆け巡ったことはご存知でしょうか。

マイクロソフト社がIE離脱を推奨!?

2019年の2月、Microsoftの「WIndows IT Pro Blog」に「Internet Explorer を標準ブラウザとする危険性」として以下のような記事が掲載されました。

この記事では

  • IEが互換性のために独自仕様を保ち続けていること
  • このため、現行のIEでも古いIE向けWebコンテンツが問題なく稼働していること
  • 対して、近年のWebサイトはIEでテストされていない場合もあること

などが言及され、IEを標準ブラウザに設定することの危険性が解説されています。

使用禁止とまではいきませんが、少なくとも標準ブラウザには推奨できないという話がリリース元のMicrosoftから出たことで、業界に大きな衝撃が走りました。

モダンブラウザの実力

モダンブラウザ

旧来のシステムがある企業では、標準ブラウザをIE以外に設定した場合にこれまで運用してきたアプリケーションが使えなくなる可能性があります。ですので、上記の記事はちょっと暗い気持ちになってしまうニュースですよね。しかし、これを機会にIE以外を使うとどんな良いことがあるのか、と明るい面を探してみるのはいかがでしょうか。

一般に、IEよりもChromeやFirefoxなどをはじめとする「モダンブラウザ」のほうが高速だと言われています。今回は弊社製品を使用して実際のところを調査してみました。

性能比較 - IE vs Chrome

IEの比較対象を世界で一番利用されているブラウザのChromeに定め、2つのブラウザの性能を確認しました。弊社のJavaScriptライブラリ「Wijmo(ウィジモ)」を使用して以下のサンプルを作成し、IEとChrome上で動作させてデータの作成や設定、フィルターやソートにかかる時間を計測します。

検証サンプル


検証方法

ブラウザでサンプルを表示し、ページをリロードしてからソートやフィルタリングなどの各処理を実行して、計3回の平均処理時間を測ります。なお、この際の検証環境は以下をご参照ください。

検証環境

Azure Virtual Machinesで検証

スペックStandard D2 (2 vcpu、7GB メモリ)
イメージWindows 10 Enterprise for Virtual Desktops Preview, Version 1809
ディスクOSディスクの種類:Standard SSD(既定)
ネットワーク受信ポート:RDP
ブート診断オフ

検証結果

IE vs Chrome、性能比較結果は以下の通りです。なお、ここでの「速度比」はIEに対するChromeの速度を示します。例えば「200%」は、ChromeがIEより2倍高速である、という意味です。

データ数:10,000行×100列 の場合

処理内容IE (ms)Chrome (ms)速度比
データ作成 251 217 116%
データ設定 318 225 141%
フィルター 280 215 130%
ソート 200 94 213%
非連結グリッド 5,345 1,163 460%

データ数:100,000行×100列 の場合

処理内容IE (ms)Chrome (ms)速度比
データ作成 2,729 2,736100%
データ設定 764 511 150%
フィルター 1,817 956 190%
ソート 2,247 814 276%
非連結グリッド 57,379 11,759 488%

この測定結果から、以下のようなことがわかりました。

データ設定Chromeの方が約1.5倍高速
フィルターChromeの方が約1.3〜2倍高速
ソートChromeの方が約2〜3倍高速
非連結グリッドChromeの方が約4〜5倍高速

まずは標準ブラウザの設定から

Chrome、かなり速いですね!と言っても、多くの企業にとって長年利用してきたIEの採用を取りやめることは大きな決断です。また、旧来の業務システム運用を考えた場合、取りやめたくてもやめられない、という方も沢山いらっしゃるかと思います。

そんな場合はマイクロソフト社がブログで提唱しているように、まず「IEを標準ブラウザにしない」ところから始めてみるのはいかがでしょうか。モダンブラウザと旧システムの組み合わせだけれど、意外にしっかり動くなんてこともあるかもしれません。

新しいブラウザは高性能でいいことずくめです。ここはひとつ勇気をもって、そのIE、切り替えてみませんか?

  • グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉ではエンジニア経験者を幅広く募集しています。
  • グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の製品のデモアプリケーションをお試しください。