GrapeCity.devlog

グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の、製品のTIPSや発売などに関する最新情報をお届けします。

GrapeCity

「Visual Studio 2019 Launch Event Sendai」に参加してきました!

2019年4月3日(日本時間)にローンチされた「Visual Studio 2019」ですが、これに合わせて世界各国でローカルのローンチイベントが開催されます。

日本での開催第1号はなんとグレープシティ本社のある仙台!主催は東北でMicrosoft Azureの勉強会などを企画されている「JAZUG(Japan Azure User Group)TOHOKU」。アグレッシブにリリース日の4月3日当日夜の開催です。

というわけで仙台のローンチイベントに参加してきましたので簡単にレポートしたいと思います。

セッションタイトル スピーカー
ソフトウェア開発を楽しむために 日本マイクロソフト株式会社 太田 寛さん
キーノート鑑賞&解説 Microsoft MVP 山本 誠樹さん(株式会社SRIA)
日本マイクロソフト株式会社 太田 寛さん

ソフトウェア開発を楽しむために

最初は日本マイクロソフト株式会社の太田さんのセッション。

IoTやビッグデータなどが専門の方ですが、山形のご出身で学生時代を仙台で過ごされた、東北に縁のあるエバンジェリスト(現在の役職は「シニアAzureデベロッパープロダクトマーケティングマネージャ」)ということで、今回の登壇に至ったようです。

太田さんのバックボーンやマイクロソフト社の様々な取り組みの話など、幅広くお話しして下さいました。

ちなみに5月に開催が予定されている「de:code 2019」のお話もあったのですが、なんと今回はEXPO会場へは無料で入場できるとのこと。(以下リンク先のEXPO PASSを参照)

EXPO会場で行われるセッションも多数あるようなので、興味のある方はお早めに。弊社もゴールドスポンサーとして出展の予定です!

キーノート鑑賞&解説

こちらが本日のメイン。本家ローンチイベントのキーノートをプロジェクターでみんなで鑑賞しながら、太田さんと山本さんがゆるーく解説。

公式サイトで「ありがちな基調講演とは異なる開幕」と機械翻訳され、当日もネタにされていましたが、今回のキーノートはマイクロソフト社のPartner Program ManagerであるScott Hanselmanさんがいろいろなチームのいる部屋を渡り歩きながらインタビューするという斬新なスタイルであったため、解説も大変だったようです・・・^ ^;

キーノートが思いのほか短かったので、山本さんチョイスの以下の2セッションの解説も行われました。

デバッグにまつわるセッション。パフォーマンス改善の話や注目のTime Travel Debuggingのデモ。.NET Core 3.0以上が必要みたいで、まだプレビューですが、障害発生時の調査とかが楽になりそう。

Windows Formsで手書きした数字をPython MNISTで認識するデモ。Visual StudioといえばC#/VBだけの時代は終わったのですね・・・。そういえば、この日の来場者も.NETユーザーだけでなく、PythonユーザーやJavaユーザーなど様々でした。

会場では「なんでWindows Formsなんだろう、せめてWPF」なんてつっこまれていましたが、ちなみに弊社のWindows Forms製品はまだまだ現役です!

今後も全国各地で開催

以上が仙台でのローンチイベントの内容ですが、冒頭で述べた通り、今後も各コミュニティが主催するローンチイベントがあります。

進化したVisual Studioの情報をキャッチアップするまたとない機会ですので、お近くにお住まいの方はぜひ。


弊社開発ツールのVisual Studio 2019対応予定

先日ブログでもご案内しましたが、弊社の開発支援ツールは、4月中旬以降に公開されるサービスパックでVisual Studio 2019に対応していく予定です。

Visual Studio 2019ではメモリ使用量の大幅な改善や、ReSharperを彷彿とさせるコードクリーンアップ機能など、魅力が盛りだくさんです。皆様も是非この機会に開発環境のアップデートをご検討してみてはいかがでしょうか。

おまけ

イベントのお土産としてAzureのステッカーをいただきました。鉄板のノベルティですね!

ステッカー

  • グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉ではエンジニア経験者を幅広く募集しています。
  • グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の製品のデモアプリケーションをお試しください。