GrapeCity.devlog

グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の、製品のTIPSや発売などに関する最新情報をお届けします。

GrapeCity

SPREAD for WPF 2.0J SP2の新機能

SPREAD for WPF 2.0Jの最新サービスパック「Service Pack2」(以下、SP2)を2019年2月7日(木)にリリースしました。

SPREAD for WPF 2.0J SP2リリース

お客様ご要望の新機能を多数追加

SP2では製品の不具合の修正だけでなく、テクニカルサポートなどでお客様からいただいたご要望をもとに、多数の機能拡張/改善を行いました。

  • アンドゥ/リドゥ
  • ローディングUI
  • 自動フィルタリング/ソートの抑制
  • コンボボックス型セルのオートセレクト機能
  • 複数セル範囲へのペースト
  • Excel出力時のシート名設定

製品Webサイトでは、SP2の新機能をサンプル画像付きでご紹介していますので、こちらも是非ご確認ください。

新機能を簡単に試すには?

製品Webサイトで公開しているデモアプリケーションで新機能を簡単に試すことができます。

SP2の新機能は、まず「新機能」ノードの下から4つ。

SP2の新機能その1

それと「セル型」->「コンボボックス」ノードに「オートセレクト機能」。

SP2の新機能その2

「ファイル入出力」->「Excelファイルの出力設定」ノードに「Excel出力時のシート名設定」がそれぞれ追加されています。

SP2の新機能その3

デモアプリケーションからXAMLとコードビハインド(C#/VB)のソースも直接見れるので実際のコーディングのイメージも確認できます。

ソースコードも見れます

サービスパックを入手するには?

SPREAD for WPF 2.0J SP2のインストーラーは、アップデートページから入手可能です。

上記リンクから「SPREAD」のノードを開いて、「SPREAD for WPF 2.0J Service Pack 2(v2.0.2019.0207)」からダウンロードしてください。

アップデートページ

また、これからSPREAD for WPFを使ってみたいという方は10日間のトライアル版もご用意しています。もちろんトライアル版もSP2を適用済みなので、今回紹介した新機能を使うことができます。以下のページより入手できますので、ぜひお試しください。

  • グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉ではエンジニア経験者を幅広く募集しています。
  • グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の製品のデモアプリケーションをお試しください。