GrapeCity.devlog

グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の最新情報をお届けします。製品のTIPSや発売情報、イベントのお知らせなどをいち早く発信中です。

謎の?DioDocs(ディオドック)

新しい製品ブランドを発表しました。
DioDocs(ディオドック)」です。

この名を付けた製品のリリースは2018年10月17日を予定していますが先行して製品を紹介します。


DioDocs(ディオドック)とは

グレープシティが発売する、ドキュメントAPIライブラリのブランド名です。
開発環境に導入して利用するライブラリで、コードでAPIを操作することでドキュメントファイルを生成、更新できます。
第一弾でリリースするのは、以下の2製品です。

  • DioDocs for Excel
    • Excelファイルを生成、更新するためのAPIライブラリ
  • DioDocs for PDF :
    • PDFファイルを生成、更新するためのAPIライブラリ

プログラミングを担当するエンジニアの方がC#やVisual Basicでコーディングして利用するための製品になります。

APIはWebで使うRESTのこと?

APIとはシンプルにその元の意味である「Application Programming Interface」のことです。
コードでライブラリの機能を利用するための方法を定義したインタフェース部分でを意味します。

当社が公開するサーバーにアクセスして機能を利用する「Web APIサービス」を意味するものではありません。開発環境にライブラリをインストールしてコードで操作します。

ファイルを作るために必要なもの?

通常、Excelファイルを作るためにはMicorosftのデスクトップアプリケーションやWebアプリケーションであるExcelを利用します。
利用者が直接操作してファイルを作成する方法です。この場合、Excelアプリケーションと、それを動作させる環境と操作する人が必要です。

DioDocsの場合、提供するライブラリを利用するアプリケーションを作成すれば、Excelアプリケーションと操作する人が不要になります。
そのため、DioDocsのライブラリを組み込んだアプリケーションをサーバーで動作させ、Excelファイルを作成することができます。PDFファイルも同様です。

Excelをインストールする必要がない?

DioDocsのライブラリを組み込んだアプリケーションを動作させる環境にExcelは必要ありません。
PDFも同様に、AcrobatなどのPDF生成ツールがなくとも動作します。

完全にExcelやAcrobatは不要?

Excelを作るためにExcelアプリケーションは不要です。
しかし、作成したExcelファイルを人間が見るためには、表示するためのアプリケーションが必要になります。

DioDocsはユーザーインタフェースを提供していませんので、人間が操作する形でExcelファイルやPDFファイルを作成したり更新したりする機能は別に用意する必要があるのです。

既存のファイルは読み込み可能?

  • Excelファイルを読み込み、データを更新して保存する
  • PDFファイルを読み込み、署名して保存する

これはDioDocsが得意とする機能です。 各ファイルを1から作成することも可能ですが、既存のファイルを読み込み、内容を更新することができます。

ExcelファイルやPDFファイルはどの企業にも資産として保管され運用されています。その処理が課題になり、脱Excelを目指したシステム化が推進されることは良く見聞きします。そのような場面でのシステム開発をお手伝いするのがDioDocsです。

Visual Studioが必要?

ライブラリを利用するためには開発環境が必要です。統合開発環境であるVisual Studio 2017を利用した開発で利用できます。

.NET Standard 2.0に対応したプラットフォームを対象とした開発になるので、.NET Frameworkや.NET Coreで動作するアプリケーションを開発できます。
これは、SDKがあれば利用できることを意味します。

そのため、Visual Studio 2017に限らず、SDKを操作できる環境であればDioDocsが利用可能です。
Windows、macOS、Linux上のVisual Studio Codeや、Visual Studio for Macで開発することができるのです。

開発画面

Linuxサーバーで動く?

開発したアプリケーションは、.NET Frameworkや.NET Coreのランタイム環境で動作するので、開発環境同様のWindows、macOS、Linuxのデスクトップだけでなく、クラウド上のサーバーが動作対象になります。 Azure、AWS、GCPなど各種クラウドサービスが提供するLinuxサーバー環境や、Dockerコンテナ、サーバーレス環境で利用することも可能です。また、Xamarin環境での開発で利用すれば、AndroidやiOSアプリで動作させることもできます。

開発やサーバーライセンスは?

開発ライセンスは年間のサブスクリプション方式で提供します。ランタイムフリーなので配布、配置のための追加ライセンス費用はありません。

製品名サブスクリプション価格(8%税込)
【1開発ライセンスあたり】
イニシャル
(初回)
リニューアル
(更新)
ランタイム
(配布)
DioDocs for Excel
¥345,600¥172,800無償
DioDocs for PDF
¥345,600¥172,800

※ SaaSでの利用や開発環境への組み込みは別途特別契約が必要です。

試すことはできますか?

現在(2018年9月21日)、デモサイトやトライアル版を準備中です。
10月17日の販売開始時にはWebサイトに公開し、お知らせする予定です。もうしばらくお待ちください。

製品情報ページやこのGrapeCity.devlogの他にもTwitterFacebookメールマガジンで最新情報を発信します。


参考情報
.NET Standard - .NET Core と .NET Standard の分かりやすい解説