GrapeCity.devlog

グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の最新情報をお届けします。製品のTIPSや発売情報、イベントのお知らせなどをいち早く発信中です。

2018年7月 - GrapeCity.devlog月間ランキング

こんにちは。
先月に引き続き、まだまだ酷暑が続きそうな夏・・・。
早く涼しくなってほしいものですね。

さて、今月のGrapeCity.devlogの人気記事をご紹介いたします。

【7月】ブログ人気記事TOP5を発表!

★第1位


ComponentOne 2018J v2 の新機能

2018年7月25日(水)にComponentOneの新バージョン「2018J v2」をリリースしました。 ComponentOneは、業務アプリケーション開発に必要とされるUIコンポーネントが1セットになっており、Windowsデスクトップ、Web、UWP、モバイルといった、多様なアプリケーションの開発が可能です。

今回の新バージョン「2018J v2」では、ASP.NET Core 2.1をはじめ、Google Compute Engine、Xamarin.Forms 3.0といった最新環境に対応しました。
これらの技術に対応することにより、OSにこだわらないクロスプラットフォーム開発を支援するほか、IaaSを利用して開発の効率化を向上させます。

       f:id:GrapeCity_dev:20180802171319p:plain

また、ダッシュボード用のUIを構築するためのレイアウトシステム「DashboardLayout(ダッシュボードレイアウト)」を追加するなど、お客様のニーズに合わせ、新コントロールの追加や機能強化を行っています。

JavaScript UIライブラリ「Wijmo(ウィジモ)」も同時にリリースしています!

★第2位


株式会社日本プロテックのWijmo(ウィジモ)導入事例を公開!

2021年にサポートを終了する「Microsoft Silverlight」で開発されたシステムから、 
グレープシティのJavaScriptライブラリ「Wijmo(ウィジモ)」と、JavaScriptフレームワークAngularを利用したシステム移行についてお話しを伺いました。

数あるテクノロジーの中、なぜJavaScriptを利用したWebシステムへのリプレース
を選択したのでしょうか?

★第3位


Microsoft RemoteAppで業務アプリを仮想化して使う

製品の運用環境のサポート対象に「Microsoft RemoteApp」(以下RemoteApp)を追加しました。
本記事では、Hyper-V上に構築したWindows Server 2016の環境を使い、InputManPlus for WPFのサンプルアプリケーションをRemoteAppで配信する手順について紹介しています。

RemoteAppに対応している製品についても記事をご確認ください。

第4位


第5位




先月はComponentOneとWijmo(ウィジモ)のリリースがあり、両製品の新機能についての記事がランクインしました。両製品とも、開発工数の削減、開発生産性の向上を支援する新技術にいち早く対応しています。

第2位の株式会社日本プロテック様のWijmo(ウィジモ)導入事例の記事は、開発者の皆さまが共感できるお話が盛り込まれていますので、ぜひご覧ください。

★殿堂入り★

長期間上位をキープしている人気記事はこちら。



GrapeCity.devlogでは製品・技術に関するブログを毎週投稿しています。
今月も皆さまのお役に立てる情報を提供していきたいと思います。
来月は8月のGrapeCity.devlogの人気記事を発表いたしますので、どうぞお楽しみに☆彡