GrapeCity.devlog

グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の最新情報をお届けします。製品のTIPSや発売情報、イベントのお知らせなどをいち早く発信中です。

WPFの優位性とは?

Windows VistaとWPF

Windows Presentation Foundation。 通常は「WPF」と略して利用される技術用語です。Windowsにユーザーインタフェースを提供するシステムと表現できます。

WPF の概要 | Microsoft Docs

.NET Framework 3.0 からの技術で、当時から知る人はWindows Vista(2006年)とともに登場した記憶があるのではないでしょうか?
Vistaのユーザーインタフェースがこれまでと異なるタイプだったので、VistaのUIがWPFで開発されていると誤解した人も少なくありません。しかし、実際にWPFで開発したアプリケーションを利用するようになったのは、もう少し後になってからです。

現在は、Windowsデスクトップアプリケーションの開発プラットフォームとして、Windows フォームと並んだ選択肢になっています。

アプリケーションをWPFで作り変える

さて、アプリケーション開発プラットフォームとしてWPFを採用するメリットは何でしょう?
既存のアプリケーションをWPFで置き換える必要はあるのでしょうか?

「正常に稼働しているアプリケーションを変えてはいけない」
これは技術の種類を問わず、セオリーともいえます。状況が許されるならその選択で間違いありません。

しかしそうでない場合、たとえばハードウェアの寿命で置き換えが迫っている状況では、機能を維持したまま新しい環境に見合うアプリケーションを開発する必要がでてきます。これまでVisual Basic 6.0や、Windowsフォームで開発して動作していたアプリケーションを、最新のWindowsを搭載したPCで動作させるには限界もあります。

そこで選択肢に登場するのがWPFへの置き換えです。

ご存知のように、WPFはその仕組みや開発方法が違いますので変換ツールで一発!というわけにはいきません。作り直しが最適である場合がほとんどです。しかし手間をかけても、最新環境に対応させるメリットがある可能性もあります。

その判断材料として活用していただきたいのがMicrosoftや弊社が提供している資料です。
ここで紹介するグレープシティの資料は、以下の3つをテーマに、関連するコンポーネント製品の紹介を織り交ぜて、WPFの優位性を解説した記事になります。

  • 高解像度・高精細モニタ対応
  • 柔軟なUIカスタマイズ
  • MVVM設計

グレープシティのコンポーネント利用の有無にかかわらず、WPFを採用したアプリケーション開発を検討される場合にお役立ていただけます。

他にも、MVVMパターンを採用する方法や、アーキテクチャ設計方法を紹介する記事へのリンク、WPFの導入事例などを紹介したページです。


「Toolsの杜(ツールのもり)」開催

2018年7月10日開催の、開発支援ツール30周年記念フォーラム「Toolsの杜(ツールのもり)」では、WPFアプリケーションの開発も手掛ける企業の講演もあります。

株式会社マーベリック 様の提供によるセッションでは、

『「IT×デザイン」のススメ
~ エンタープライズにおけるタッチアプリケーションの事例デモとそのアプローチ ~』

と題して、マーベリックが手掛ける先進的な業務アプリケーションの開発方法や事例を紹介していただきます。
UIやUXを重視したデザインからアプローチする同社の開発手法で、自動券売機やコラボレーションツールなど数々の次世代アプリケーションを送りだしています。
近未来を感じる事例の中にはニュースで多くの方が知ることになったものもあり、許可されたギリギリの範囲で紹介していただく予定です。

この他にも、「Toolsの杜」では各種セッションを用意しています。
前半はグレープシティの歴史や製品紹介です。
後半はパートナー企業様による事例紹介を中心に構成しましたので、現実的な課題解決につながる情報を得ることができます。

詳細はタイムテーブルをご覧ください。