GrapeCity.devlog

グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の最新情報をお届けします。製品のTIPSや発売情報、イベントのお知らせなどをいち早く発信中です。

グリッドのデータをタッチで移動する

モバイルやタブレットで表示したデータをカンタンに移動できる機能がComponentOne Studio for Xamarin 2018J v1でFlexGridに追加されました。

新機能の概要を紹介した記事では列の移動をお伝えしていましたが、実は列だけではなく行単位での移動もできます。

f:id:GrapeCity_dev:20180405102951g:plain

行の移動はデータをソートするのではなく、2つのデータを単純に隣同士において目視でデータを比較したい場合などにおすすめの機能です。モバイルやタブレットアプリは画面サイズがデスクトップアプリほど大きくないのでこの機能はあると便利ですね。 また、行をタッチして移動する場合もタッチすると行の移動がアニメーションされるので視覚的にも移動先の場所を確認できるのがいい感じです。

このFlexGridに表示されたデータをタッチで移動できるようにする設定はAllowDraggingプロパティで簡単に設定できます。

AllowDraggingプロパティへの設定値 動作
GridAllowDragging.None 列と行どちらも移動できない
GridAllowDragging.Both 列と行どちらも移動できる
GridAllowDragging.Columns 列のみ移動できる
GridAllowDragging.Rows 行のみ移動できる

デフォルトではGridAllowDragging.Columnsが設定されているので移動を無効にしたい場合はGridAllowDragging.Noneを設定してください。

その他にもComponentOne Studio for Xamarin 2018J v1では新機能が追加されていますので是非お試しください。

デモはこちらです。

グレープシティ株式会社ではエンジニア経験者を幅広く募集しています。