Excelファイルを印刷プレビューなしで印刷する

今回は「DioDocs(ディオドック)」でExcelファイルを印刷プレビューなしでプリンターで直接印刷する方法を紹介したいと思います。こちらの機能は、例えば「サーバーに保存されているExcelファイルをバッチ処理で印刷したい」といったケースで利用できる機能です。

2022年2月9日(水)にリリースされた「DioDocs V5J」でDioDocs for Excelに追加されている機能になります。

Excelファイルを印刷するには?

DioDocs for ExcelでExcelファイルをプリンターで印刷するには、WorkbookクラスのPrintOutメソッドを使用して、Workbookオブジェクトに読み込んだExcelファイルを印刷することができます。印刷設定はPrintOutOptionsクラスで設定できます。

製品ヘルプの「印刷」を見る

製品ヘルプのリファレンス「PrintOutメソッド」を見る

製品ヘルプのリファレンス「PrintOutOptionsクラス」を見る

// Excelファイルを読み込み
var workbook = new Workbook();
workbook.Open(@"InvoiceJP.xlsx");

// 印刷オプションを作成
PrintOutOptions options = new PrintOutOptions();

// 印刷するプリンターを設定
options.ActivePrinter = "Microsoft Print to PDF";

// 3部印刷 
options.Copies = 3;

// このワークブックを「Microsoft Print to PDF」で印刷
workbook.PrintOut(options);

ご覧いただいたように、非常にシンプルなコードでExcelファイルを印刷することが可能です。


上記コードを実装しているサンプルはコチラです。

https://github.com/GrapeCityJP/DioDocsExcelDirectPrint

デモからも動作を確認することができます。

https://demo.grapecity.com/diodocs/excel/printingworkbook