ComponentOne 2021J v3リリース!

業務アプリケーション開発に便利なコントロールを豊富に揃える .NET UIコンポーネントセット「ComponentOne(コンポーネントワン)」の最新バージョン「2021J v3」を本日2021年12月22日(水)にリリースしました。

ComponentOne 2021J v3リリース!

新エディション「ComponentOne for WinUI」をリリース

最新バージョン「2021J v3」では、モダンなWindowsデスクトップアプリケーションを構築するためのUIフレームワーク「WinUI 3」に対応したコンポーネントセット「ComponentOne for WinUI」を新たに追加しました。XAMLとC#/VB.NETの既存スキルを活用して、さまざまなWindowsデバイスで動作するWinUIアプリケーションを作成できます。

.NET 6をサポート

Windows Forms、WPF、ASP.NET MVC、Blazor、WinUIの各エディションで、マイクロソフトのアプリケーションフレームワーク「 .NET」の最新バージョン「 .NET 6」に対応しています。

Visual Studio 2022、Windows 11、Windows Server 2022への対応

.NETアプリケーションの統合開発環境Visual Studioの最新バージョン「Visual Studio 2022」、Windows OSの最新バージョン「Windows 11」、サーバーOSの最新バージョン「Windows Server 2022」をサポートしています。

このほか、デスクトップ、Webの各プラットフォームで機能追加や強化を行っています。新機能の詳細は以下のページからご確認いただけます。

本件についてのニュースリリースは以下をご確認ください。