ComponentOne 2021J v3の新機能

2021年12月22日(水)に「ComponentOne(コンポーネントワン)」の最新バージョン「2021J v3」をリリースします。

本記事では、今リリースにおける主な強化ポイントを紹介します。プラットフォームごとの情報は以下のショートカットをご利用ください。

デスクトップ(Windows Forms、WPF)

.NET 6対応コントロールの追加(Windows Forms)

今までにリリースしてきた .NET 5に対応したコントロールは全て .NET 6に対応します。また、新しくTrueDbGrid、GanttView、FontPicker、Schedulerが .NET 6に対応します。

今後のリリースでも引き続き .NET 6へ対応していきます。

.NET 6対応コントロールの追加(Windows Forms)

.NET 6対応コントロールの追加(WPF)

今までにリリースしてきた .NET 5に対応したコントロールは全て .NET 6に対応します。また、新しくScheduler、MultiSelect、ListViewが .NET 6に対応します。

今後のリリースでも引き続き .NET 5および .NET 6へ対応していきます。

.NET5対応コントロールの追加(WPF)

デスクトップ(WinUI)

WinUI対応エディションおよびコントロールの追加

WinUI 3によるWindowsデスクトップアプリケーション開発用のエディションとして「ComponentOne for WinUI」をリリースします。UIコンポーネントとして、FlexGrid、Calendar、Accordion、Inputを追加しています。

WinUI対応コントロールの追加

Web(ASP.NET MVC)

.NET 6への対応

.NETの最新バージョン「 .NET 6」への対応を実施しています。

Web(Blazor)

Blazor対応コントロールの追加(データフィルタとメニュー)

BlazorによるWebアプリケーション開発用のUIコントロールとして、DataFilterとMenuを追加します。

Blazor対応コントロールの追加(データフィルタとメニュー)

2021J v3では、この他にも多くの機能強化が行われています。