ComponentOne 2021J v2の新機能

2021年8月27日(金)に「ComponentOne(コンポーネントワン)」の最新バージョン「2021J v2」をリリースします。

本記事では、今リリースにおける主な強化ポイントを紹介します。 プラットフォームごとの情報は以下のショートカットをご利用ください。

デスクトップ(Windows Forms、WPF)

.NET5対応コントロールの追加(Windows Forms)

DataFilter、CheckList、PdfDocumentSource、TouchToolkit、ColorPicker、DBNavigator、MaskedTextBox、PrintDocument(ベータ版)が .NET 5に対応します。また、2021J v1でベータ版としてリリースされたFlexReport、FlexViewer、Documentは正式版になります。

今後のリリースでも引き続き .NET 5および .NET 6へ対応していきます。

.NET5対応コントロールの追加(Windows Forms)

.NET5対応コントロールの追加(WPF)

PropertyGrid、ContextMenuが .NET 5に対応します。また、FlexGridやFlexChartなどの一部のコントロールでは .NET Core( .NET 5)に対応したWPFのXAMLデザイナで利用可能な「Quick Actions(Suggested Actions)」(Windows Formsのスマートタグのような機能)に対応しています。各コントロールでよく利用するプロパティの値をXAMLデザイナから設定することができるようになります。

今後のリリースでも引き続き .NET 5および .NET 6へ対応していきます。

.NET5対応コントロールの追加(WPF)

Web(ASP.NET MVC)

新しいコントロールの追加(マップ)

データを地図上で地理的に可視化できるFlexMapコントロールが追加されます。

新しいコントロールの追加(マップ)

Web(Blazor)

Blazor対応コントロールの追加(ツリービュー)

BlazorによるWebアプリケーション開発用のレイアウトコンポーネントとして、TreeViewを追加します。スタイルのカスタマイズ、連結線、キーボードのサポート、複数の選択モードをサポートしています。Blazor WebAssemblyおよびBlazor Serverアプリケーション開発で利用できます。

Blazor対応コントロールの追加(ツリービュー)

2021J v2では、この他にも多くの機能強化が行われています。