ComponentOne 2021J v1リリース!

業務アプリケーション開発に便利なコントロールを豊富に揃える.NET UIコンポーネントセット「ComponentOne(コンポーネントワン)」の最新バージョン「2021J v1」を本日2021年4月28日(水)にリリースしました。

グレープシティ、業務アプリ開発支援ツールの最新版でマイクロソフトのアプリケーションフレームワーク「.NET」と「Blazor」の対応を強化

マイクロソフトのアプリケーションフレームワーク「.NET 5」と「Blazor」の対応を強化

最新バージョン「2021J v1」では、Microsoftのアプリケーションフレームワーク「.NET 5」と「Blazor」に対応したコントロールをさらに追加しました。

Windows Forms、WPF用エディションで.NET 5対応コントロールを追加

Windows Forms

  • FlexPivot
  • Maps
  • TreeView
  • Input
  • Command
  • FlexReport(ベータ版)
  • FlexViewer(ベータ版)
  • Document(ベータ版)

WPF

  • Calendar
  • ProgressBar
  • Accordion
  • DragDropManager
  • SpellChecker
  • RadialMenu

Blazor対応コントロールを追加

BlazorによるWebシステム開発を支援するコンポーネントセット「ComponentOne for Blazor」に、下記のコントロールを追加しました

  • Window
  • ToopTip
  • DateRangePicker
  • MaskedTextBox

Blazorは、JavaScriptを使わずに.NETフレームワークとC#を使用してWebアプリ開発が可能なSPA(Single Page Application)フレームワークです。.NETの既存の資産やスキルを活用してWebアプリを開発できることから、近年注目されているテクノロジーの1つです。
※ BlazorエディションはComponentOne Enterpriseで使用できる限定機能です

このほか、デスクトップ、Web、Xamarinの各プラットフォームで機能追加や強化を
行っています。新機能の詳細は以下のページからご確認いただけます。

本件についてのニュースリリースは以下をご確認ください。