ComponentOne 2021J v1の新機能

2021年4月28日(水)に「ComponentOne(コンポーネントワン)」の最新バージョン「2021J v1」をリリースします。

本記事では、今リリースにおける主な強化ポイントを紹介します。 プラットフォームごとの情報は以下のショートカットをご利用ください。

デスクトップ(Windows Forms、WPF)

.NET5対応コントロールの追加(Windows Forms)

FlexPivot、Maps、TreeView、FlexReport(ベータ版)、FlexViewer(ベータ版)、Document(ベータ版)、Input、Commandコントロールが.NET 5に対応します。それ以外のコントロールは、今後数回のリリースに分けて.NET 5へ対応していきます。

.NET5対応コントロールの追加(Windows Forms)

.NET5対応コントロールの追加(WPF)

Calendar、ProgressBar、Accordion、DragDropManager、SpellChecker、RadialMenuコントロールが.NET 5に対応します。それ以外のコントロールは、今後数回のリリースに分けて.NET 5へ対応していきます。

.NET5対応コントロールの追加(WPF)

Web(ASP.NET MVC)

新しいコントロールの追加(日付範囲)

日付範囲を編集できるInputDateRangeコントロールが追加されます。

新しいコントロールの追加(日付範囲)

Web(Blazor)

Blazor対応コントロールの追加

BlazorによるWebアプリケーション開発用の入力およびレイアウトコンポーネントとして、Window、Tooltip、DateRangePicker、MaskedTextBoxを追加します。Blazor WebAssemblyおよびBlazor Serverアプリケーション開発で利用できます。

Blazor対応コントロールの追加

2021J v1では、この他にも多くの機能強化が行われています。