ComponentOne 2020J v2リリース!

ComponentOne(コンポーネントワン)」の最新バージョン「2020J v2」を本日2020年8月26日(水)にリリースしました。

ComponentOne 2020J v2 リリース

2020年2回目のバージョンアップとなる「2020J v2」では、以下のような新コントロールの追加や多数の機能強化を行っています。

2020J v2 バージョンアップの概要

ComponentOne for WinForms

  • 新コントロール「RulesManager」を追加
    • データグリッドなどに条件付き書式のルールを付加できます
  • 「TreeView」の機能強化
    • ドラッグアンドドロップの際に表示されるドロップラインの色を変更する機能を追加しました

ComponentOne for WPF

  • 新コントロール「FilterEditor」を追加
    • グリッド、リスト、ツリービュー、チャート、マップなどに対してフィルタリング操作を提供します
  • 「Materialテーマ」のサポート
    • 簡単にテーマを適用できるコントロール「C1Themes」の組み込みテーマとして、新たに Material および MaterialDark を追加しました

ComponentOne for ASP.NET MVC

  • 「FlexGrid」の機能強化
    • 行ヘッダーや任意の列にチェックボックスを表示し、チェックボックスをクリックして複数の行を選択できます
    • カスタムセルの生成が可能になりました
  • 「FileManager」の機能強化
    • サーバーのローカルストレージへの参照が追加されました

全般

  • .NET Core 3.1への対応
    • Windows Forms、WPF、ASP.NET Core MVCで、.NET Coreの最新バージョン「.NET Core 3.1」に対応しました。

このほかの新機能については以下のページからご確認いただけます。

本件についてのニュースリリースは以下をご確認ください。