InputManJSとBootstrapを組み合わせてより便利な入力フォームを作る ― CodeZine記事

InputManJS(インプットマンJS)」は、Webアプリケーションにおけるあらゆる入力シーンを強力に支援するJavaScriptライブラリです。
テキストコントロールのような基本的なものから、カレンダーコントロールのような多機能なもの、電卓コントロールといった特徴的なものなど、Webフォームの入力に特化したさまざまなコントロールを多数搭載しています。
単体でご使用いただいてももちろん良いのですが、レイアウトやデザインを担当する他のライブラリと組み合わせると、より表現力が豊かで便利な入力フォームを作れます。

そこで今回は、CSSフレームワークの定番と言える「Bootstrap」をInputManJSと組み合わせてみました。
デベロッパーの成長と課題解決に貢献するメディア「CodeZine」で、その活用方法をご紹介しています。Webアプリケーションにおける入力機能に物足りなさを感じている方におすすめの記事となっています。ぜひご覧ください。

こんな方にオススメ

  • Webページの入力用UI部品を探している方
  • Bootstrap標準の入力部品が機能不足と感じている方
  • 入力フォームを手軽にレスポンシブ対応したい方

グレープシティ製品のTIPSやイベントレポートなど、CodeZineに掲載している記事は以下よりご確認いただけます。