SalesforceのデータをREST API連携で使用するActiveReportsJSの活用術 ― CodeZine記事

ActiveReportsJS(アクティブレポートJS)」は、サーバーサイドの技術に依存することなくWebブラウザで帳票を出力できるJavaScriptライブラリです。

ActiveReportsJSで使用する帳票データはWebアプリケーション上でのデータ連携で幅広く使われているJSON形式です。CRMやSFAなどの各種クラウドサービスともAPIを介して連携できるので、帳票出力機能を要望に合わせて拡張するためのアプリケーションを開発することができます。

今回は、ActiveReportsJSで「Salesforce」 のデータを扱う方法を解説します。
SalesforceのREST APIを使用してデータを取得し、ActiveReportsJSデザイナで帳票のプレビューを表示する方法や、作成したActiveReportsJSの帳票をシンプルなHTMLで表示する方法を、デベロッパーの成長と課題解決に貢献するメディア「CodeZine」で紹介しています。
ActiveReportsJSをクラウドサービスと連携する方法についてご興味のある方はぜひご覧ください。

こんな方にオススメ

  • Webページに帳票出力機能を実装したい方
  • バックエンド開発よりフロントエンド開発が得意な方
  • 外部システムからSalesforceのREST APIを使用する方法が知りたい方

CodeZineでは、ActiveReportsJSを初めて利用する人を対象として、ActiveReportsJSを利用したさまざまな帳票出力機能の活用法を複数回にわたって紹介しています。

このほか、グレープシティ製品のTIPSやイベントレポートは以下よりご確認いただけます。