GrapeCity.devlog

グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の、製品のTIPSや発売などに関する最新情報をお届けします。

GrapeCity

ComponentOne 2020J v2の新機能

2020年8月26日(水)に「ComponentOne(コンポーネントワン)」の最新バージョン「2020J v2」をリリースします。

本記事では、今リリースにおける主な強化ポイントを紹介します。 プラットフォームごとの情報は以下のショートカットをご利用ください。


デスクトップ(Windows Forms、WPF)

RulesManagerの追加(Windows Forms)

「RulesManager(C1RulesManagerコントロール)」が追加されます。C1FlexGridやC1FlexPivotなどのデータグリッドの背景色、境界線、フォントの色などのスタイルを指定した条件に基づいて変更するコントロールです。指定できる条件は組み込み条件のほかにユーザーが独自に作成することもできます。

FilterEditorの追加(WPF)

2020J v1でWinFormsに追加されたFilterEditorがWPFでも追加されます。このFilterEditorはDataFilterを拡張してより細かな条件でのフィルタリングが可能になっており、ANDやORによる条件項目をツリー階層表示で設定することができます。

Materialテーマのサポート(WPF)

組み込みテーマとして、新たに Material および MaterialDark が追加されました。


Web(ASP.NET MVC)

FlexGridの強化
  • チェックボックスで行を選択
    行ヘッダーや任意の列にチェックボックスを表示して、チェックボックスをクリックして複数の行を選択できます。
  • チェックボックスの全選択
    チェックボックスが設定されている列のヘッダーにチェックボックスを表示して、クリック時にすべてのチェックボックスを選択/選択解除できます。
  • カスタムセルの生成
    ボタン、ハイパーリンク、画像、スパークライン、レーティングをセルに表示できます。
FlexChartの強化

損益分岐点チャートが追加されました。

MultiSelectの強化
  • フィルタリング
    ドロップダウンリストをフィルタリングして、入力した文字列を含む値だけをリストに表示できます。
  • MultiSelectListBoxの追加
    MultiSelectコントロールによってドロップダウンとして使用されるMultiSelectListBoxコントロールが追加されました。

2020J v2では、この他にも多くの機能強化が行われています。

ComponentOne 2020J v1リリース!

ComponentOne(コンポーネントワン)」の最新バージョン「2020J v1」を本日2020年4月22日(水)にリリースしました。

2020年初回のバージョンアップとなる「2020J v1」では、以下のような新コントロールの追加や多数の機能強化を行っています。

2020J v1 バージョンアップの概要

ComponentOne for WinForms

  • グリッドコントロール「FlexGrid」で以下の機能強化を実施しました
    • データ検証の強化
    • UIオートメーションのサポート
  • 「FlexPivot」で以下の機能強化を実施しました
    • Top Nフィルタの追加
    • FlexChartスタイルの適用
  • 新コントロール「FilterEditor」を追加しました

ComponentOne for WPF

  • 新コントロール「DataFilter」を追加しました

ComponentOne for ASP.NET MVC

  • グリッドコントロール「FlexGrid」で以下の機能強化を実施しました
    • 複数列のソートに対応

このほかの新機能については以下のページからご確認いただけます。

本件についてのニュースリリースは以下をご確認ください。

ComponentOne 2020J v1 新機能

2020年4月22日(水)に「ComponentOne(コンポーネントワン)」の最新バージョン「2020J v1」をリリースします。

本記事では、今リリースにおける主な強化ポイントを紹介します。 プラットフォームごとの情報は以下のショートカットをご利用ください。


デスクトップ(Windows Forms、WPF、UWP)

FlexGridの強化(Windows Forms)

データ検証の強化が行われました。System.ComponentModel.DataAnnotations名前空間に含まれる属性Required、StringLength、Range、Compareをサポートするようになりました。

FlexPivotの強化(Windows Forms)

Top Nフィルタを利用したデータ分析が可能になりました。

FilterEditorの追加(Windows Forms)

FilterEditorはDataFilterと同様にC1 WinFormsのグリッド、リスト、ツリービュー、チャート、マップなどに対してフィルタリング操作を提供するコントロールです。このFilterEditorはDataFilterを拡張してより細かな条件でのフィルタリングが可能になっており、ANDやORによる条件項目をツリー階層表示で設定することができます。

DataFilterの追加(WPF)

「DataFilter for WPF(C1DataFilterコントロール)」が追加されます。これは、Windows Forms版の同名コントロールのWPF版となります。


Web(ASP.NET MVC)

FileManagerの追加

クラウドストレージ上のファイル操作(一覧表示、移動、ダウンロード、アップロード、削除)が可能なコントロールが追加されました。

TransposedGrid(転置グリッド)の追加

データグリッドの行と列を入れ替えて表示できるコントロールが追加されました。

FlexGridの強化
  • 複数列のソート
    複数の列ヘッダを続けてクリックすると、クリックした順にソートできるようになりました。列ヘッダにはソートされる順番を示す数字が表示されます。
  • セルテンプレート
    HTMLでセルのテンプレートを定義して、セルをカスタム表示できるようになりました。
  • 列のグループ化
    複数の列をグループ化して折りたたむことができるようになりました。列ヘッダの上にグループ名を表示し、「+」「-」アイコンをクリックしてグループの展開や折りたたみが可能です。
  • 検索
    FlexGridSearchコントロールによってグリッド内のデータを検索できるようになりました。全てのセルから指定した文字列を検索して文字列を含む行だけを表示します。

Xamarin

FlexGridの強化

フィルター行のサポートが追加されました。フィルター行は各セルに入力用のテキストボックスが配置されている固定行で、テキストを入力することでその列内で入力された値が含まれるデータをフィルタリングすることができます。


2020J v1では、この他にも多くの機能強化が行われています。

ComponentOne 2019J v3リリース!

ComponentOne(コンポーネントワン)」の最新バージョン「2019J v3」を本日2019年12月4日(水)にリリースしました。

f:id:GrapeCity_dev:20191128112255p:plain

今回のリリースでは、以下のような新環境対応、新機能の追加を行っています。

  • .NET Core 3.0をサポート
  • グリッドコントロール「FlexGrid」の機能強化
    詳細行のサポート(Windows Forms)、固定する範囲のカスタマイズ(WPF、UWP)、複数のセル範囲を選択(ASP.NET MVC)
  • チャートコントロール「FlexChart」の機能強化
    ランタイムデザイナーの統合(Windows Forms)、ステップチャートの表示に対応(ASP.NET MVC)
  • 「FlexPivot」でKPIの表示に対応(Windows Forms)
  • 「Gauge」で目盛りのテキスト、針型のポインタの表示に対応(ASP.NET MVC)

新機能の詳細については以下をご確認ください。

本件についてのニュースリリースは以下をご確認ください。

ComponentOne 2019J v3の新機能

ComponentOne(コンポーネントワン)」の2019年3回目、「2019J v3」を2019年12月4日(水)にリリースします。

本記事では、今リリースにおける主な強化ポイントを紹介します。 プラットフォームごとの情報は以下のショートカットをご利用ください。

全般

.NET Core 3.0への対応

.NET Coreの最新バージョン「.NET Core 3.0」に対応します。Windows Forms、WPF、ASP.NET CoreでそれぞれNuGetパッケージを提供します。


デスクトップ(Windows Forms、WPF、UWP)

FlexGridの強化(Windows Forms)

詳細行をサポートします。ネストされたFlexGridやInputPanel を詳細行として表示できます。独自の詳細行コントロールを実装することも可能です。

FlexChartの強化(Windows Forms)

デザイナーを使用してアプリケーション実行時にチャート要素をカスタマイズできるようになりました。

FlexPivotの強化(Windows Forms)

KPIの表示(ゴール、ステータス、トレンド)が可能になりました。シリンダーやゲージ、矢印などでグラフィカルに表示できます。

リボンコントロールを正式リリース(Windows Forms)

Office 2019(Office 365)スタイルの新しいリボンコントロールを提供します。簡素化されたリボン(Simplified ribbon)によるコンパクトな1列表示のメニュー、ギャラリー、バックステージビュー、ベクターアイコンなどを実装できます。このコントロールは2019J v2ではベータ版として提供していましたが、2019J v3で正式版として提供します。

FlexGridの強化(WPF、UWP)

AllowFreezingプロパティにより固定する列数および行数をマウス&タッチ操作でインタラクティブに変更できるようになりました。固定する範囲を、行のみ、列のみ、両方、無しのいずれかで設定できます。


Web(ASP.NET MVC)

FlexGridの強化

Ctrlキーを押しながらマウスをクリックまたはドラッグすることで複数の範囲を選択することができるようになりました。

FlexChartの強化

ステップチャートを表示できるようになりました。マーカー付きチャートと面チャートにも対応します。

Gaugeの強化
  • 目盛りのテキスト
    ゲージに各目盛りのテキスト値を表示するかどうかを設定できるようになりました。
  • 針型のポインタ
    針型のポインタを表示できるようになりました。

Xamarin

FlexViewerを正式リリース

Xamarin.Forms、Xamarin.Android、Xamarin.iOSでPDFの表示、ページナビゲーション、テキスト検索をサポートします。このコントロールは2019J v2ではベータ版として提供していましたが、2019J v3で正式版として提供します。


2019J v3では、この他にも多くの機能強化が行われています。

ComponentOne 2019J v2リリース!

ComponentOne(コンポーネントワン)」の最新バージョン「2019J v2」を本日2019年8月28日(水)にリリースしました。

今回のリリースでは、以下のような新環境対応、新機能の追加を行っています。

  • .NET Framework 4.8をサポート
  • Office 2019スタイルの新しい「Ribbon(リボン)」コントロールを追加(Windows Forms)
  • 「FlexViewer(フレックスビューワ)」コントロールを追加(Xamarin)
  • グリッドコントロール「FlexGrid」の機能強化(Windows Forms、ASP.NET MVC)
  • 円グラフコントロール「FlexPie」の機能強化(Windows Forms、WPF、UWP、ASP.NET MVC)
  • データ分析用コントロール「FlexPivot/OLAP」の強化(Windows Forms、ASP.NET MVC)
  • スキャフォールディング機能の強化(ASP.NET MVC)
  • Web APIの強化(ASP.NET MVC)

新機能詳細については以下をご確認ください。

本件についてのニュースリリースは以下をご確認ください。

ComponentOne 製品情報

ComponentOne 2019J v2の新機能

ComponentOne(コンポーネントワン)」の2019年2回目、「2019J v2」を2019年8月28日(水)にリリースします。

本記事では、今リリースにおける主な強化ポイントを紹介します。 プラットフォームごとの情報は以下のショートカットをご利用ください。

デスクトップ(Windows Forms、WPF、UWP)

新しいリボンコントロール(Windows Forms)

Office 2019(Office 365)スタイルの新しいリボンコントロールを提供します。簡素化されたリボン(Simplified ribbon)によるコンパクトな1列表示のメニュー、ギャラリー、バックステージビュー、ベクターアイコンなどを実装できます。このコントロールは2019J v2ではベータ版として提供します。

FlexGridの強化(Windows Forms)

フッター機能を提供します。このフッターは固定行もしくは最終行として表示できます。フッター内に合計、平均、最小、最大といった集計結果や、計算式を使用して各列の合計した値を表示することができます。

FlexPieの強化(Windows Forms、WPF、UWP)

1つのプロット領域に複数の円グラフを表示できるようになりました。

FlexPivotの強化(Windows Forms)

フィールドのグループ範囲を設定できるようになりました。


Web(ASP.NET MVC)

FlexGridの強化

検証エラー発生時に、HTMLコンテンツやスタイルが設定されたツールチップを表示できるようになりました。

OLAPの強化

ツリービューのようなアウトライン形式で表示して、よりコンパクトなサイズで表示できるようになりました。

スキャフォールダーの強化

ASP.NET CoreのRazorページにおいてもコントロールウィザードを使用して既存のコントロールを追加、更新できるようになりました。

Web APIの強化

クラウドのストレージに対してCRUD処理を実施するAPIを追加しました。


Xamarin

FlexViewerの追加

Xamarin.Forms、Xamarin.Android、Xamarin.iOSでPDFの表示、ページナビゲーション、テキスト検索をサポートします。このコントロールは2019J v2ではベータ版として提供します。


ComponentOne 2019J v1 リリース!

ComponentOneのメジャーバージョン「2019J v1」を本日2019年4月10日(水)にリリースしました。

今回のリリースでは、以下のような新環境対応、新機能の追加を行っています。

  • Visual Studio 2019をサポート
  • 新元号「令和」をサポート
  • ゲージに「BulletGraph(ブレットグラフ)」を追加(WinForms)
  • ピボットテーブルにスライサー機能を追加(WinForms、ASP.NET MVC)
  • グリッドコントロール「FlexGrid」の機能強化(WPF、UWP、ASP.NET MVC、Xamarin)

新機能詳細については以下をご確認ください。

本件についてのニュースリリースは以下をご確認ください。

ComponentOne 製品情報

FlexGridのソートアイコンをカスタマイズする

2018年11月29日にリリースしたComponentOne 2018J v3では、WPF/UWP/XamarinのFlexGridで、ソート時に列ヘッダーに表示されるアイコン(ソートアイコン)をカスタマイズできるようになりました。

ソートアイコンは矢印(↑、↓)、山型(∧、∨)、三角形(▲、▼)の3種類をデフォルトのテンプレートで用意しておりカンタンに使用できます。

以下は昇順と降順のソートアイコンを矢印に設定するコードです。FlexGridのSortAscendingIconTemplateSortDescendingIconTemplateにそれぞれC1IconTemplate.ArrowUpC1IconTemplate.ArrowDownを設定するだけです。

WPF

using C1.WPF;
using C1.WPF.FlexGrid;

grid.SortAscendingIconTemplate = C1IconTemplate.ArrowUp;
grid.SortDescendingIconTemplate = C1IconTemplate.ArrowDown;

UWP

using C1.Xaml;
using C1.Xaml.FlexGrid;

grid.SortAscendingIconTemplate = C1IconTemplate.ArrowUp;
grid.SortDescendingIconTemplate = C1IconTemplate.ArrowDown;

Xamarin

using C1.Xamarin.Forms.Core;
using C1.Xamarin.Forms.Grid;

grid.SortAscendingIconTemplate = C1IconTemplate.ArrowUp;
grid.SortDescendingIconTemplate = C1IconTemplate.ArrowDown;

ComponentOne 2018J v3では、この他にも様々な機能追加が行われています。こちらの記事を参照ください。

  • グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の製品・技術資料をご覧ください。
  • グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の製品のデモアプリケーションをお試しください。