株式会社ツクイホールディングス様のSPREAD、InputMan導入事例を公開

株式会社ツクイホールディングス様は、介護事業や人材事業、リース事業などの介護を要とした幅広い事業展開をしているツクイグループの経営管理などを行っています。
WindowsフォームとClassicASPで作っていたシステムを、「SPREAD for WPF(スプレッド)」と「InputManPlus for WPF(インプットマン)」を導入してWPFプラットフォームに移行したお話を伺いました。

株式会社ツクイホールディングス様 - 集合写真

Windows Server 2008のサポート終了がきっかけで、WindowsフォームからWPFに移行することになったそうですが、「WPFは開発しやすく外観が美しく作れるという特長はありますが、その分学習コストが高い」とのこと。MVVMに関しては画面遷移など、一部でPrismなどのフレームワークも活用されたようです。

移行先としてなぜWPFを選んだのか?学習コストの高いWPF開発で工数削減のためにどのような工夫を行ったのか?弊社のWPFコンポーネントの使い勝手を含め、詳しくお話を伺いました。
詳細は以下の記事をご覧ください。