GrapeCity.devlog

グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の、製品のTIPSや発売などに関する最新情報をお届けします。

GrapeCity

グリッドとスプレッドシート。SPREAD for WPFはなぜ2つのコントロールを提供するのか?

「SPREAD for WPF」はなぜGcSpreadGridとGcSpreadSheetという2つの類似のコントロールを持つのでしょうか。今回はこれら2つの特長について紹介し、それぞれどのように使い分けたらよいのかを解説したいと思います。

InputManJS V2.3Jリリース!

InputManJSの最新サービスパック「V2.3J」を2020年4月15日(水)にリリースしました。V2.2Jでは不具合修正に加え、各種コントロールのドロップダウン機能やテキスト表示機能の強化を実施しています。

ActiveReports for .NET 14.0Jリリース!

Visual Studio上で帳票アプリケーションを開発できる .NET開発コンポーネント「ActiveReports for .NET(アクティブレポート)」の新バージョン「14.0J」を2020年4月15日(木)にリリースしました。

ComponentOne 2020J v1 新機能

2020年4月22日(水)にリリースする「ComponentOne(コンポーネントワン)」の最新バージョン「2020J v1」の新機能をご紹介いたします。

Angular & Wijmoクイックスタート(Visual Studio 2019)

本記事では、Visual Studio 2019とWijmo(ウィジモ)を使用してグリッドでデータ表示を行うAngularアプリケーションを作成する方法を紹介します。

納品方法および各種手続き期間延長のお知らせ

新型コロナウイルス感染症の影響により在宅勤務やテレワークを導入する企業が増加しています。これに伴い、弊社の販売パートナー様よりご注文いただいた一部の製品の納品方法および各種手続き期間等を変更しています。

V13Jで強化されたSpreadJSのテーブルバインディング機能を使う

SpreadjS V13Jではテーブルバインディング機能が強化され「書式」や「セル型」「変換関数」の設定が可能になりました。この記事ではこの点を1つずつサンプル付きで解説していきます。

4月15日リリース!ActiveReports for .NET 14.0J

2020年4月15日(水)に帳票開発コンポーネント「ActiveReports for .NET(アクティブレポート)」の新バージョン「14.0J」を発売いたします。

.NET Coreに対応したMultiRowPlus for Windows Formsの最新サービスパックを公開

2020年4月7日にMultiRowPlus for Windows Formsの最新サービスパックを公開しました。今回のサービスパックで、MultiRowシリーズもついに.NET Coreに対応します!本記事でその詳細について少しだけご紹介します。

JavaScriptスプレッドシート部品「SpreadJS」最新版V13Jの新機能を紹介! ― CodeZine記事

開発者のための実装系Webマガジン「CodeZine」にExcelライクなUIを実現するJSライブラリ「SpreadJS」の紹介記事が掲載されました。サンプルコード付きでわかりやすい各種の新機能機能解説をぜひご確認ください。

株式会社三井住友銀行様のDioDocs導入事例を公開

DioDocs利用事例公開 - セールス&トレーディング業務サポートシステム開発でDioDocsを導入していただいた株式会社三井住友銀行様にお話しを伺いました。

Wijmo 2020J v1リリース!

JavaScriptライブラリ「Wijmo(ウィジモ)」の最新バージョン「2020J v1」を、2020年4月1日(水)にリリースしました。多くのコントロールで機能の強化・改善が行われています。

サービスパック公開情報(2020年3月)

2020年3月に公開されたサービスパック等の製品のアップデート情報のお知らせです。

SPREAD for WPF 3.0Jリリース!

WPF向け表計算データグリッドコンポーネント「SPREAD for WPF(スプレッド)」の新バージョン「3.0J」を2020年3月26日(木)にリリースしました。

.NET Coreに対応したInputManで次世代のアプリ配布方法を試す(MSIX編)

今回は.NET CoreのWPFアプリケーションをMSIXパッケージで配布する方法を、入力支援コンポーネント「InputManPlus for WPF(インプットマンプラス)」を使用して試してみたいと思います。

Wijmo 2020J v1の新機能

2020年4月1日(水)にリリースするWijmo(ウィジモ)の最新バージョン「2020J v1」の新機能を紹介します。Webサイトでは「2020J v1」の新機能を実際に確認できるサンプル付きで紹介していますので、ぜひご確認ください。

3月26日リリース!SPREAD for WPF 3.0J

2020年3月26日(木)にWPF向け表計算データグリッドコンポーネント「SPREAD for WPF(スプレッド)」の新バージョン「3.0J」を発売いたします。

.NET Coreに対応したInputManで次世代のアプリ配布方法を試す(自己完結型編)

.NET CoreのWindowsアプリでは、自己完結型やMSIXなど、アプリケーションの配布方法にも新しい要素が登場してきています。今回「自己完結型」で単一の実行可能ファイルを配布する方法を試してみたいと思います。

.NET Core版Windows FormsでInputManを使う

既にご存知の方も多いと思いますが、.NET Core 3.0からWindows FormsとWPFをサポートするようになりました。本記事では.NET Core版Windows FormsでInputMan(インプットマン)を使用する方法について紹介します。

SpreadJSのセルボタン?コマンドボタン型セルとはここが違う!

「SpreadJS(スプレッドJS)」の「V13J」で追加されたセルボタンをご紹介します。セルボタンには組み込みの画像やアクションを設定できるほか、独自の画像や動作を実装することができます。

WPF/WinFormsアプリのマイグレーションとモダナイゼーション ― CodeZine記事

開発者のための実装系Webマガジン「CodeZine」で、「WPF/WinFormsアプリをマイグレーションして、ComponentOneを利用したモダナイゼーションを行う」が公開されました。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する当社の対応方針について

グレープシティ ツール事業部の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対応方針についてのお知らせです。

サービスパック公開情報(2020年2月)

2020年2月に公開されたサービスパック等の製品のアップデート情報のお知らせです。

npm & Wijmoクイックスタート【2020年版】

本記事では、「Wijmo(ウィジモ)」のnpmパッケージを使用して、Wijmoのデータグリッド「FlexGrid(フレックスグリッド)」でデータ表示を行うWebアプリケーションを作成する方法を紹介します。

ついに.NET Coreに対応!InputManPlus for Windows Forms/WPFの最新サービスパックを公開

2020年2月25日にInputManPlus for Windows Forms/WPFの最新サービスパックを公開しました。今回のサービスパックで、InputManシリーズがついに.NET Coreに対応します!本記事でその詳細について少しだけご紹介します。

Wijmoロードマップ(2020J v1)

本記事では2020年4月にリリース予定の「Wijmo 2020J v1」において、追加を予定している新機能について紹介させていただきます。

Developers Summit 2020(デブサミ2020)に行ってきました

2020年2月13、14日にホテル雅叙園東京で開催された「Developers Summit 2020(デブサミ2020)」にブース出展してきました。

OutSystemsでWijmoのグリッドが使えます!

全世界で導入されているローコード開発プラットフォーム「OutSystems」で、Wijmo(ウィジモ)が組み込まれたグリッドコンポーネント「Data Grid」が利用できます。

臨時休業のお知らせ【3/2(月)】

誠に勝手ながら、2020年3月2日(月)は社員研修のため臨時休業とさせていただきます。

DioDocsでPDFフォームのデータ入出力を実装する

今回は、「DioDocs(ディオドック)」で追加された、PDFフォームのデータ入出力を実装するため機能を2つ紹介したいと思います。

  • グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の製品・技術資料をご覧ください。
  • グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の製品のデモアプリケーションをお試しください。