GrapeCity.devlog

グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の、製品のTIPSや発売などに関する最新情報をお届けします。

GrapeCity

XAML

FlexGridのソートアイコンをカスタマイズする

2018年11月29日にリリースしたComponentOne 2018J v3では、WPF/UWP/XamarinのFlexGridで、ソート時に列ヘッダーに表示されるアイコン(ソートアイコン)をカスタマイズできるようになりました。 ソートアイコンは矢印(↑、↓)、山型(∧、∨)、三角形(▲、▼…

Xamarin.Forms 3.0で追加されたVisual State Managerを使ってみる

今回はXamarin.Forms 3.0で追加されたVisual State ManagerをComponentOne for Xamarinでも使ってみたいと思います。 Visual State Managerとは? Visual State Manager (VSM) は、Xamarin.Forms 3.0 の新機能です。 VSM は、コードからユーザーインターフェ…

QRコード、バーコードをWindowsアプリで表示 ― CodeZine記事

飛行機の搭乗、テーマパークの入場、アトラクションの優先券、記念写真のダウンロード、再配達の申し込み… ちょっとした旅行の一日で何度も目にするもの、日常を少し離れた活動に欠かせないのがQRコードです。 印刷した紙を提示したり、画面に表示したり。ま…

ComponentOne 2018J v2 の新機能

2018年7月25日ComponentOneの2018年の2回目、「2018Jv2」をリリースしました。 ここでは、今リリースの主な強化ポイントを紹介します。 プラットフォームごとの情報は以下のショートカットをご利用ください。 デスクトップ(Windows Forms、WPF、UWP) Web(…

業務アプリケーションの実践的なアーキテクチャを公開 ー CodeZine記事

これを「グレープシティ製品の記事」と紹介して良いのだろうか? その濃密な内容に驚き、通常の製品紹介記事と同列にするのはもったいない! そう思わせる文書が公開されましたので共有します。 その記事は、東京のSI企業に勤務する現役エンジニア、アーキテ…

ComponentOne Studio 2018J v1 の新機能

※2019年5月1日からComponentOne Studioはブランド名を変更しました。 旧ブランド名はComponentOne(コンポーネントワン)に読み替えてください。 2018年3月28日、ComponentOne Studioの2018年最初のバージョン「2018J v1」をリリースしました。 ここでは、今…

【10/30開催レポート公開】10月6日 に技術カンファレンス「ECHO Tokyo 2017」を開催しました

2017年10月6日、技術カンファレンス「ECHO Tokyo 2017」を、WPFやUWP、Xamarinといった様々なプラットフォームで使われる技術「XAML(ザムル)」をテーマに、日本マイクロソフト様のセミナールームにて開催しました。

FlexGridで改良できるグリッドビューのセル編集方式 ― WPF編

ComponentOne Studioに収録されているグリッドコントロール「FlexGrid for WinForms」の内部エディタを改良する方法を「FlexGridで改良できるグリッドビューのセル編集方式 ― Windows フォーム編」で紹介しました。同様にWPF用のグリッドコントロール「FlexG…

帳票システムのフロントUI選び

実は紙帳票はほとんど進化していない 帳票開発者の皆さまは、どういった情報システムに帳票機能を組み込んでいますでしょうか? 会計システム、生産管理システム、人事給与システムなど色々あるかと思います。データベースの無いシステムが存在しないのと同…

事例紹介:「IT×デザイン」から生まれた最先端Windowsネイティブアプリ

この記事はグレープシティが発行するメールマガジン「PowerNews」の第457号(2016/10/27発行)に掲載された記事を、加筆修正して転載したものです。 業務アプリケーションの“画面”、いつ作りますか?一般的なシステム開発では、画面の検討は後半で…ということ…

  • グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の製品・技術資料をご覧ください。
  • グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の製品のデモアプリケーションをお試しください。