GrapeCity.devlog

グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の、製品のTIPSや発売などに関する最新情報をお届けします。

WPF

.NET StandardなクラスライブラリでDioDocsを使う

今月、米国シアトルで開催されたMicrosoft Build 2019の内容をご覧になった方も多いかと思いますが、その中で今後の .NETに関するロードマップが発表されました。現在のプレビューの .NET Core 3.0は今年の9月にリリースされ、2020年11月には .NET 5がリリー…

ComponentOne 2019J v1 リリース!

ComponentOneのメジャーバージョン「2019J v1」を本日2019年4月10日(水)にリリースしました。 今回のリリースでは、以下のような新環境対応、新機能の追加を行っています。 Visual Studio 2019をサポート 新元号「令和」をサポート ゲージに「BulletGraph(…

ComponentOne 2019J v1 の新機能

ComponentOneの2019年1回目、「2019J v1」を2019年4月10日(水)にリリースします。 本記事では、今リリースにおける主な強化ポイントを紹介します。

SPREADでデータ読み込み中のインジケータを表示する

普段Webサイトを閲覧していると、画像が大量だったり、情報量が多かったり、読み込みに時間のかかるページでは、以下のようにローディング中のアイコンがグルグル回って表示されるのをよく見かけます。 ローディングインジケーターの例 デスクトップアプリケ…

SPREAD for WPF 2.0J SP2の新機能

SPREAD for WPF 2.0Jの最新サービスパック「Service Pack2」(以下、SP2)を2019年2月7日(木)にリリースしました。 お客様ご要望の新機能を多数追加 SP2では製品の不具合の修正だけでなく、テクニカルサポートなどでお客様からいただいたご要望をもとに、…

WPFビューワに現代風デザインのカスタムボタンを追加する

先日公開した記事で、「ActiveReports for .NET」のWPFビューワの外観を、ライブラリを使って現代風にカスタマイズする方法を紹介しました。 このとき、ツールバーへのカスタムボタンの追加方法についても紹介していたのですが、 ついでにカスタムのボタンも…

一般提供が"再開"された「Windows Server 2019」の対応状況を公開中!

マイクロソフト社が2018年10月2日に一般提供を開始したWindows Serverの最新版「Windows Server 2019」。 Windows 10 October 2018 Update (バージョン 1809) で見つかったファイル消失問題の影響を受け、公開後すぐにその提供が一時停止されていましたが、…

FlexGridのソートアイコンをカスタマイズする

2018年11月29日にリリースしたComponentOne 2018J v3では、WPF/UWP/XamarinのFlexGridで、ソート時に列ヘッダーに表示されるアイコン(ソートアイコン)をカスタマイズできるようになりました。 ソートアイコンは矢印(↑、↓)、山型(∧、∨)、三角形(▲、▼…

2018年11月 - GrapeCity.devlog月間ランキング

先月のGrapeCity.devlog月間ランキングでご紹介した「Web TECH FORUM 2018」はいよいよ今週末の12月7日に開催です。ご参加される方は、会場までお気をつけてお越しください。なお、開催後にレポートを公開いたしますので楽しみにお待ちください。 こちらに続…

デザイン知識不要?ライブラリを利用してWindowsアプリのUIを現代風に改造

WPFがWindows Formsと比較して優れている点として、UIデザインのカスタマイズ性の高さが挙げられます。 しかし、デザインの知識もないし、どうやってUIをカスタマイズしたら良いかわからない。そんなときは、「Material Design In XAML Toolkit」のようなデ…

ComponentOne 2018J v3 の新機能

ComponentOneの2018年の3回目、「2018J v3」を2018年11月29日(木)にリリースします。 本記事では、今リリースにおける主な強化ポイントを紹介します。 プラットフォームごとの情報は以下のショートカットをご利用ください。 デスクトップ(Windows Forms、WP…

Windows Forms&WPFアプリ開発でAzure DevOpsを使う方法を紹介

グレープシティ製品とAzure DevOps 2018年を通して何回か紹介しているAzure DevOps(旧VSTS)。本ブログではもっぱらASP.NET Coreアプリにおける利用方法を紹介してきました。 しかし、最近ではWindows FormsやWPFで開発している多くのお客様から「Windows F…

2018年10月 - GrapeCity.devlog月間ランキング

先日、募集を開始いたしました12月7日に開催の「Web TECH FORUM 2018」大変ご好評をいただいております!ありがとうございます。今年の2月に開催したレポートはこちらで公開しておりますので、JavaScript技術、Webシステムに興味のある方はぜひご覧ください…

QRコード、バーコードをWindowsアプリで表示 ― CodeZine記事

飛行機の搭乗、テーマパークの入場、アトラクションの優先券、記念写真のダウンロード、再配達の申し込み… ちょっとした旅行の一日で何度も目にするもの、日常を少し離れた活動に欠かせないのがQRコードです。 印刷した紙を提示したり、画面に表示したり。ま…

サービスパック公開情報(2018年7月)

下記製品のサービスパックを公開しました。ダウンロードしてご利用ください。 2018年7月6日公開 SPREAD for WPF 2.0J SP1 2018年7月25日公開 SPREAD for WPF 1.0J SP4 サービスパックで変更された内容、追加された対応環境については、上記のリンク先の「更…

ComponentOne 2018J v2 の新機能

2018年7月25日ComponentOneの2018年の2回目、「2018Jv2」をリリースしました。 ここでは、今リリースの主な強化ポイントを紹介します。 プラットフォームごとの情報は以下のショートカットをご利用ください。 デスクトップ(Windows Forms、WPF、UWP) Web(…

WPFの優位性とは?

Windows VistaとWPF Windows Presentation Foundation。 通常は「WPF」と略して利用される技術用語です。Windowsにユーザーインタフェースを提供するシステムと表現できます。 WPF の概要 | Microsoft Docs .NET Framework 3.0 からの技術で、当時から知る人…

Microsoft RemoteAppで業務アプリを仮想化して使う

2018年6月27日に以下の製品の運用環境のサポート対象に「Microsoft RemoteApp」(以下RemoteApp)を追加しました。 InputManPlus for Windows Forms(Update 2以降で対応) InputManPlus for WPF MultiRowPlus for Windows Forms(Update 2以降で対応) Remo…

Excelと同様の操作性はWPFアプリでも求められる

Excel画面が一番人気 グレープシティの定番コンポーネントといえば? ここは「SPREAD(スプレッド)」と答えるのが正解です。 Excelと同様の画面、操作性をアプリケーションに組み込むことができる「Excel互換のスプレッドシートコンポーネント」として20年…

デスクトップアプリでEntity Framework Coreを使ってみる

前回はEntity Framework Coreを使ってAzure SQL Databaseにアクセスし、ComponentOne for ASP.NET MVCのFlexGridでデータを表示してみました。 今回はデスクトップアプリ(Windows Forms、WPF、UWP)でEntity Framework Coreを使ってAzure SQL Databaseにア…

2019年5月1日が祝日に!?業務アプリのカレンダーの対応はどうする?

明日から待ちに待ったゴールデンウィークですね!5月1日、2日に休暇をとって9連休という方も多いでしょう。ちなみに私は・・・ カレンダー通りの出勤の予定です\(^o^)/ といってもサービス業、小売業の方などはこの時期は繁忙期となりほとんど休めないでし…

業務アプリケーションの実践的なアーキテクチャを公開 ー CodeZine記事

これを「グレープシティ製品の記事」と紹介して良いのだろうか? その濃密な内容に驚き、通常の製品紹介記事と同列にするのはもったいない! そう思わせる文書が公開されましたので共有します。 その記事は、東京のSI企業に勤務する現役エンジニア、アーキテ…

Webサイトでおなじみ、複数項目の選択をWindowsデスクトップで実現

「複数項目の選択って何?」とピンとこない方もいるかと思いますが、百聞は一見に如かず、ということで以下をご覧ください。 Webサイトでよく見かける入力方法ですね。この複数項目の選択、MultiSelect(マルチセレクト)コントロールがComponentOne Studio …

ComponentOne Studio 2018J v1 の新機能

※2019年5月1日からComponentOne Studioはブランド名を変更しました。 旧ブランド名はComponentOne(コンポーネントワン)に読み替えてください。 2018年3月28日、ComponentOne Studioの2018年最初のバージョン「2018J v1」をリリースしました。 ここでは、今…

入力支援コンポーネント InputManPlus for WPF 2.0Jを 発売

本日2月7日(水)より入力支援コンポーネント「InputManPlus for WPF 2.0J(インプットマンプラス)」を発売します。 最新環境Visual Studio 2017、.NET Framework 4.7/4.7.1に対応するとともに、今回より「住所」に関する入力を支援するコンポーネント「JP…

Excelのオートフィルは、SPREADを使えばできる

Excelでおなじみのオートフィル(ドラッグフィルとも言います)。「H28年、H29年、H30年・・・」など規則性のある値をセルに入力するときに大変重宝しますが、ExcelライクなUIを提供するSPREADでももちろんこの機能を使用することができます。 SPREADには「W…

Windowsデスクトップアプリなら、すぐに使えるガントチャートを表示できる

先日、Webアプリケーションにガントチャートを表示する場合、JavaScriptライブラリの「SpreadJS」を利用して実現できることを紹介しました。 ガントチャートをアプリケーションに表示するのは定番の要望です。それだけ日本社会にフィットしたチャートである…

"帳票・スプレッドシート・入力支援"の開発ツール新版を2018年2月に発売

2018年2月に以下の.NETコンポーネントを発売予定です。 ActiveReports (アクティブレポート) SPREAD (スプレッド) InputManPlus (インプットマン) 3製品とも最新環境に対応するとともに各種新機能を追加します。新機能の詳細はWebサイトでご覧いただけ…

【12/13リリース】ComponentOne Studio/Wijmo 2017J v3 の新機能

まもなく ComponentOne Studio/Wijmo 2017J v3 がリリースとなります。今回も、各製品においてさまざまな新機能が提供される予定です。今回は、その中から特に注目の機能について紹介いたします。 【2017J v3の新機能を今すぐ確認したい方はこちら】 C1Stud…

技術カンファレンスの舞台裏を公開

2017年10月に開催した技術カンファレンス「ECHO Tokyo 2017」(以下、ECHO)には、多くの方にご来場いただきました。 今回のテーマにした「XAML」は広く利用される技術です。参加できなかった皆さんも含め、内容はレポート記事でご確認いただけると幸いです…

  • グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉ではエンジニア経験者を幅広く募集しています。
  • グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の製品のデモアプリケーションをお試しください。