GrapeCity.devlog

グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の、製品のTIPSや発売などに関する最新情報をお届けします。

GrapeCity

WPF

「.NET 5」の正式版がついにリリース!新しく追加された機能をまとめて解説

2020年11月10日からマイクロソフト社が開催しているバーチャルイベント「.NET Conf 2020」の初日に、「.NET 5」の正式版のGAが発表されました。今回は.NET 5の新機能から気になったものを紹介していきます。

SPREAD for WPFで検証エラー通知をカスタマイズする!

「SPREAD for WPF(スプレッド)」の「V3.0J SP1」では、スプレッドシートコントロール「GcSpreadSheet」に多くの新機能が追加されました。今回は、その中の検証エラー通知をカスタマイズする方法をご紹介します。

ComponentOne 2020J v2リリース!

.NET UIコンポーネントライブラリ「ComponentOne(コンポーネントワン)」の最新バージョン「2020J v2」を、2020年8月26日(水)にリリースしました。多くのコントロールで機能の強化・改善が行われています。

ComponentOne 2020J v2の新機能

2020年8月26日(水)にリリースする「ComponentOne(コンポーネントワン)」の最新バージョン「2020J v2」の新機能をご紹介いたします。

Windows FormsとWPFの比較(データグリッド編)

WPFの既知のパフォーマンスの問題として、データグリッドに大量のデータを表示させた場合に縦方向のスクロールが遅くなるという事象があります。今回はこの問題についてWindows Formsと比較しながら解説します。

SPREAD for WPF 3.0J SP1リリース

「SPREAD for WPF 3.0J(スプレッド)」の最新サービスパック「3.0J SP1」を2020年7月29日(水)にリリースしました。3.0J SP1ではスプレッドシートコントロール「GcSpreadSheet」に多数の新機能を追加しました。

Windows FormsとWPFの比較(描画編)

Windows FormsとWPFを比較したときに、大きく異なるのが描画の仕組みです。今回の記事では、Windows FormsとWPFそれぞれの描画の仕組みについて簡単に解説したいと思います。

GitHub ActionsでWPFアプリをビルドしてみる(前編)

GitHub Actionsを使用して.NET Coreデスクトップアプリ(WPFとWindows Forms)をビルドするためのワークフローテンプレートがリリースされたので早速このテンプレートを試してみました。

ComponentOne 2020J v1リリース!

.NET UIコンポーネントライブラリ「ComponentOne(コンポーネントワン)」の最新バージョン「2020J v1」を、2020年4月22日(水)にリリースしました。多くのコントロールで機能の強化・改善が行われています。

グリッドとスプレッドシート。SPREAD for WPFはなぜ2つのコントロールを提供するのか?

「SPREAD for WPF」はなぜGcSpreadGridとGcSpreadSheetという2つの類似のコントロールを持つのでしょうか。今回はこれら2つの特長について紹介し、それぞれどのように使い分けたらよいのかを解説したいと思います。

ComponentOne 2020J v1 新機能

2020年4月22日(水)にリリースする「ComponentOne(コンポーネントワン)」の最新バージョン「2020J v1」の新機能をご紹介いたします。

SPREAD for WPF 3.0Jリリース!

WPF向け表計算データグリッドコンポーネント「SPREAD for WPF(スプレッド)」の新バージョン「3.0J」を2020年3月26日(木)にリリースしました。

.NET Coreに対応したInputManで次世代のアプリ配布方法を試す(MSIX編)

今回は.NET CoreのWPFアプリケーションをMSIXパッケージで配布する方法を、入力支援コンポーネント「InputManPlus for WPF(インプットマンプラス)」を使用して試してみたいと思います。

3月26日リリース!SPREAD for WPF 3.0J

2020年3月26日(木)にWPF向け表計算データグリッドコンポーネント「SPREAD for WPF(スプレッド)」の新バージョン「3.0J」を発売いたします。

.NET Coreに対応したInputManで次世代のアプリ配布方法を試す(自己完結型編)

.NET CoreのWindowsアプリでは、自己完結型やMSIXなど、アプリケーションの配布方法にも新しい要素が登場してきています。今回「自己完結型」で単一の実行可能ファイルを配布する方法を試してみたいと思います。

WPF/WinFormsアプリのマイグレーションとモダナイゼーション ― CodeZine記事

開発者のための実装系Webマガジン「CodeZine」で、「WPF/WinFormsアプリをマイグレーションして、ComponentOneを利用したモダナイゼーションを行う」が公開されました。

ついに.NET Coreに対応!InputManPlus for Windows Forms/WPFの最新サービスパックを公開

2020年2月25日にInputManPlus for Windows Forms/WPFの最新サービスパックを公開しました。今回のサービスパックで、InputManシリーズがついに.NET Coreに対応します!本記事でその詳細について少しだけご紹介します。

ComponentOne 2019J v3リリース!

.NET UIコンポーネントライブラリ「ComponentOne(コンポーネントワン)」の最新バージョン「2019J v2」を、2019年12月4日(水)にリリースしました。多くのコントロールで機能の強化・改善が行われています。

Prism + FlexGrid for WPFで明細表のViewをポップアップする

MVVMフレームワークのPrismを使って「FlexGrid for WPF(フレックスグリッド)」のアクティブ行に対応した明細情報を子画面のFlexGridに表示してポップアップするサンプルをご紹介します。

ComponentOne 2019J v3の新機能

2019年12月4日(水)にリリースする「ComponentOne(コンポーネントワン)」の最新バージョン「2019J v3」の新機能をご紹介いたします。

三菱電機メカトロニクスソフトウエア(株)のSPREAD導入事例を公開!

三菱電機メカトロニクスソフトウエア株式会社の営業販促支援システムのシステム移行に活用されたグレープシティ製品(SPREAD for WPF/ComponentOne)の導入事例を紹介しています。

Prism + SPREAD for WPFで別のViewをポップアップする

MVVMフレームワークのPrismを使って「SPREAD for WPF(スプレッド)」のカレント行に対応した明細情報を子画面のSPREADに表示してポップアップするサンプルをご紹介します。

ComponentOne 2019J v2リリース!

.NET UIコンポーネントライブラリ「ComponentOne(コンポーネントワン)」の最新バージョン「2019J v2」を、2019年8月28日(水)にリリースしました。多くのコントロールで機能の強化・改善が行われています。

ComponentOne 2019J v2の新機能

2019年8月28日(水)にリリースする「ComponentOne(コンポーネントワン)」の最新バージョン「2019J v2」の新機能をご紹介いたします。

Prism + SPREAD for WPFで動的にViewを読み込む

「SPREAD for WPF(スプレッド)」とMVVMフレームワークのPrismが備えている「DI コンテナ」、「Region / Navigation」、「Module」の3つの機能を活用する例をご紹介します。

MVVMフレームワーク「Prism」上でSPREAD for WPFを使う

WPFと密接な関係にあるMVVM(Model-View-ViewModel)パターンのアプリケーション開発を強力にサポートしてくれるPrismフレームワーク上で「SPREAD for WPF(スプレッド)」を使用する例をご紹介します。

SPREAD高速化テクニック!(1) 描画処理の高速化

SPREADで沢山のセルにループ処理で設定を行うと描画が遅くなる現象に遭遇していませんか?SPREADに対して実施できる設定の単位はセルのみにあらず!今回はその現象を解消するSPREADシリーズのTIPSをご紹介します。

.NET StandardなクラスライブラリでDioDocsを使う

今月、米国シアトルで開催されたMicrosoft Build 2019の内容をご覧になった方も多いかと思いますが、その中で今後の .NETに関するロードマップが発表されました。現在のプレビューの .NET Core 3.0は今年の9月にリリースされ、2020年11月には .NET 5がリリー…

ComponentOne 2019J v1 リリース!

ComponentOneのメジャーバージョン「2019J v1」を本日2019年4月10日(水)にリリースしました。 今回のリリースでは、以下のような新環境対応、新機能の追加を行っています。 Visual Studio 2019をサポート 新元号「令和」をサポート ゲージに「BulletGraph(…

ComponentOne 2019J v1 の新機能

ComponentOneの2019年1回目、「2019J v1」を2019年4月10日(水)にリリースします。 本記事では、今リリースにおける主な強化ポイントを紹介します。

  • グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の製品・技術資料をご覧ください。
  • グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の製品のデモアプリケーションをお試しください。