GrapeCity.devlog

グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の、製品のTIPSや発売などに関する最新情報をお届けします。

GrapeCity

Visual Studio

Angular & Wijmoクイックスタート(Visual Studio for Mac)

本記事では、Visual Studio for MacとWijmo(ウィジモ)を使用して、データグリッドでデータ表示を行うAngularアプリケーションを作成する方法を紹介します。

GitHub ActionsでWPFアプリをビルドしてみる(前編)

GitHub Actionsを使用して.NET Coreデスクトップアプリ(WPFとWindows Forms)をビルドするためのワークフローテンプレートがリリースされたので早速このテンプレートを試してみました。

ComponentOne 2020J v1 新機能

2020年4月22日(水)にリリースする「ComponentOne(コンポーネントワン)」の最新バージョン「2020J v1」の新機能をご紹介いたします。

Angular & Wijmoクイックスタート(Visual Studio 2019)

本記事では、Visual Studio 2019とWijmo(ウィジモ)を使用してグリッドでデータ表示を行うAngularアプリケーションを作成する方法を紹介します。

.NET Core版Windows FormsでInputManを使う

既にご存知の方も多いと思いますが、.NET Core 3.0からWindows FormsとWPFをサポートするようになりました。本記事では.NET Core版Windows FormsでInputMan(インプットマン)を使用する方法について紹介します。

ComponentOne 2019J v3の新機能

2019年12月4日(水)にリリースする「ComponentOne(コンポーネントワン)」の最新バージョン「2019J v3」の新機能をご紹介いたします。

.NET Core 3.0でDioDocsのベンチマークを確かめてみる

本記事では、現時点で最新の「.NET Core 3.0」において、DioDocs(ディオドック)とその他のライブラリを使用して、Excelファイルを生成した際の測定結果を紹介します。

AWS LambdaでExcelやPDFファイルを出力する

本記事では、AWS Lambdaで「DioDocs(ディオドック)」を使用した .NET CoreベースのLambda関数を作成し、ExcelやPDFファイルをAWS S3へ出力する方法について紹介します。

ComponentOne 2019J v2の新機能

2019年8月28日(水)にリリースする「ComponentOne(コンポーネントワン)」の最新バージョン「2019J v2」の新機能をご紹介いたします。

Azure FunctionsでDioDocsを使う

de:code 2019で実施したセッション「Excel・PDFを生成・更新するライブラリ『DioDocs(ディオドック)』を利用してクラウドネイティブな業務アプリケーションを構築する」でお見せしたデモについて解説します。

Visual Studio 2019でActiveReportsを使用する場合の注意点

メモリ使用量の大幅削減など注目の新機能が盛りだくさんのVisual Studio 2019ですが、帳票ツール「ActiveReports for .NET(アクティブレポート)」と一緒に使う場合、いくつか注意すべき点があるので簡単に解説します。

「Visual Studio 2019 Launch Event Sendai」に参加してきました!

2019年4月3日(日本時間)にローンチされた「Visual Studio 2019」ですが、これに合わせて世界各国でローカルのローンチイベントが開催されます。 日本での開催第1号はなんとグレープシティ本社のある仙台!主催は東北でMicrosoft Azureの勉強会などを企画さ…

「Visual Studio 2019」がついにローンチ!気になる新機能と開発ツールの対応予定

Microsoftの開発者向けプラットフォームの最新バージョン「Visual Studio 2019」がついにローンチ!今回はその中から主な新機能の簡単なご紹介と、気になる弊社開発ツールの対応予定についてご説明したいと思います。

ComponentOne 2019J v1 の新機能

ComponentOneの2019年1回目、「2019J v1」を2019年4月10日(水)にリリースします。 本記事では、今リリースにおける主な強化ポイントを紹介します。

ComponentOne 2018J v3 の新機能

ComponentOneの2018年の3回目、「2018J v3」を2018年11月29日(木)にリリースします。 本記事では、今リリースにおける主な強化ポイントを紹介します。 プラットフォームごとの情報は以下のショートカットをご利用ください。 デスクトップ(Windows Forms、WP…

Web App for ContainersでASP.NET MVCアプリを動かしてみる

以前の記事ではServer Coreの環境をAzure VM上に作成して、Visual Studio 2017で作成したASP.NET MVCアプリを配布および動作させる方法について紹介しました。 Azure VMはIaaSなので運用環境の条件にあわせて細かいカスタマイズが可能なのがメリットですが、…

Xamarin.Forms 3.0で追加されたVisual State Managerを使ってみる

今回はXamarin.Forms 3.0で追加されたVisual State ManagerをComponentOne for Xamarinでも使ってみたいと思います。 Visual State Managerとは? Visual State Manager (VSM) は、Xamarin.Forms 3.0 の新機能です。 VSM は、コードからユーザーインターフェ…

Windows Server 2016のServer CoreでASP.NET MVCアプリを動かしてみる

先日グレープシティでは、以下の製品の運用環境のサポート対象に「Windows Server 2016 Server Core オプション」(以下Server Core)を追加しました。 ActiveReports for .NET 12.0J SPREAD for ASP.NET 10.0J InuputManPlus for ASP.NET 10.0J ComponentOn…

Visual Studio 2017(バージョン15.7.1)で発生するビルドエラー【解決方法を追記 2019/1/21】

Microsoftが5月上旬に開催した開発者向けのイベント「」と同時期に、Visual Studio 2017の最新バージョンが公開されました。 しかし、Visual Studio 2017の最新バージョンを利用した場合に、ComponentOneの一部で不具合が発生してしまうことが判明しています…

Windowsデスクトップアプリなら、すぐに使えるガントチャートを表示できる

本記事では「ComponentOne for WPF(コンポーネントワン)」に含まれるガントチャート用のコンポーネント「GanttView for WPF(以下、GanttView)」を使用したリッチなガントチャートの作成方法について紹介します。

「Xamarinを学んでみよう」 ― タガヤス その3 レポート -

2018年1月25日、仙台駅前にそびえたつアエルの「仙台市中小企業活性化センター」で、地元コミュニティ「タガヤス」のイベントが開催されました。 タガヤスは地元で活躍する学生やエンジニアのスキル向上を目指して発足したコミュニティで、その3回目の勉強会…

  • グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の製品・技術資料をご覧ください。
  • グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の製品のデモアプリケーションをお試しください。