GrapeCity.devlog

グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の、製品のTIPSや発売などに関する最新情報をお届けします。

GrapeCity

JavaScript

InputManJS V3Jの新機能

InputManJSの新バージョン「V3J」を、2021年1月27日(水)にリリースします。様々な機能追加や機能強化が実施される「V3J」の新機能をご紹介します。

SpreadJS V14Jの新機能

SpreadJSの新バージョン「V14J」を、2021年1月27日(水)にリリースします。30を超える機能追加や機能強化が実施される「V14J」の新機能をご紹介します。

【オンラインセミナー】はじめてのActiveReportsJS(帳票デザインの基本編)

グレープシティ主催のオンラインセミナー「はじめてのActiveReportsJS(帳票デザインの基本編)」を2021年1月29日(金)に開催します。

React & ActiveReportsJSクイックスタート

「ActiveReportsJS」では、Angular、React、Vue.jsといった、主要なJavaScriptフレームワークに対応したパッケージをそれぞれ用意しています。今回はその中からReactでActiveReportsJSを使う方法をご紹介します。

GrapeCity ECHO week 2020 ~見逃し配信中!

2020年12月21日(月)~25日(金)に開催したグレープシティ主催の技術イベント「GrapeCity ECHO week 2020」の見逃し配信を実施中です。

SpreadJSロードマップ(V14J)

「SpreadJS(スプレッドJS)」の新バージョン「V14J」が2021年1月27日(水)にリリースとなる予定です。これに先立ち、今回の記事では追加予定の機能を一足早くご紹介いたします。

InputManJSロードマップ(V3J)

「InputManJS(インプットマンJS)」の新バージョン「V3J」が2021年1月27日(水)にリリースとなる予定です。これに先立ち、今回の記事では追加予定の機能を一足早くご紹介いたします。

ActiveReportsJS V2Jリリース!

帳票開発専用JavaScriptライブラリ「ActiveReportsJS(アクティブレポートJS)」の新バージョン「V2J」を12月16日(水)にリリースしました。エンドユーザー向けの「Webデザイナ」コンポーネントの追加を行っています。

ActiveReportsJS V2Jの新機能

ActiveReportsJS(アクティブレポートJS)の最新バージョン「V2J」を2020年12月16日(水)にリリースします。V2JではWebデザイナコンポーネントや、データソース設定機能の強化といった新機能が利用可能です。

Wijmo & AngularアプリをAzure Static Web Appsでホストする

本記事では、「Wijmo(ウィジモ)」とAngular CLIを使用して作成したAngularアプリケーションをAzure Static Web Appsへデプロイする方法を紹介します。

Wijmo 2020J v3リリース!

JavaScriptライブラリ「Wijmo(ウィジモ)」の最新バージョン「2020J v3」を、2020年12月2日(水)にリリースしました。多くのコントロールで機能の強化・改善が行われています。

Wijmo 2020J v3の新機能

2020年12月2日(水)にリリースするWijmo(ウィジモ)の最新バージョン「2020J v3」の新機能を紹介します。製品のWebサイトでは「2020J v3」の新機能を実際に確認できるサンプル付きで紹介していますので、ぜひご確認ください。

開発支援ツールの活用事例を知る5日間! ~ 「GrapeCity ECHO week 2020」

グレープシティ主催の技術イベント「GrapeCity ECHO week 2020」を2020年12月21日(月)~25日(金)にオンラインで開催します。

ActiveReportsJSとUIコンポーネントを組み合わせて帳票データの入力環境を強化 ― CodeZine記事

デベロッパーの成長と課題解決に貢献するメディア「CodeZine」で「『ActiveReportsJS』とUIコンポーネントの組み合わせで帳票データの入力環境を強化しよう」が公開されました。

【オンラインセミナー】多様な要件にコレ1つ!オールインワンなJavaScriptライブラリ「Wijmo」の魅力

グレープシティ主催のオンラインセミナー「多様な要件にコレ1つ!オールインワンなJavaScriptライブラリ「Wijmo」の魅力」を2020年11月30日(月)に開催します。

PythonのWebアプリケーションフレームワーク「Django」を試してみた

Pythonは近年人気な言語の一つで、開発に利用される場面も多くなっています。今回はそんなPythonでWebアプリケーションを開発するためのフレームワークの一つである「Django(ジャンゴ)」ついてご紹介します。

Wijmoロードマップ(2020J v3)

本記事では2020年11月にリリース予定の「Wijmo 2020J v3(ウィジモ)」において、追加を予定している新機能について紹介させていただきます。

さまざまなグラフを帳票に表示できる「ActiveReportsJS」のチャート機能 ― CodeZine記事

開発者のための実装系Webマガジン「CodeZine」で「さまざまなグラフを帳票に表示できる『ActiveReportsJS』のチャート機能」が公開されました。

SpreadJSの入力にInputManJSセルを使う

「SpreadJS (スプレッドJS)」の「V13.2J」で追加されたGcComboBox型セルに従来からのGcMask型セル、GcDateTime型セル、GcNumber型セルを加えた4つのInputManJSセルの機能と使用方法をご紹介します。

Blazor WebAssemblyでJavaScriptスプレッドシートライブラリを使う

ASP.NET Core Blazorでは.NETのメソッドからJavaScriptの関数を呼び出す「JavaScript相互運用」が可能です。今回はJavaScriptスプレッドシートライブラリ「SpreadJS」のラッパーを作成する方法をご紹介します。

Angular & ActiveReportsJSクイックスタート

「ActiveReportsJS」では、Angular、React、Vue.jsといった、主要なJavaScriptフレームワークに対応したパッケージをそれぞれ用意しています。今回はその中からAngularでActiveReportsJSを使う方法をご紹介します。

「ActiveReportsJS」のTablixコントロールで、複数データのクロス集計にトライ ― CodeZine記事

開発者のための実装系Webマガジン「CodeZine」で「『ActiveReportsJS』のTablixコントロールで、複数データのクロス集計にトライ」が公開されました。

SpreadJS V13.2Jリリース!

SpreadJSの最新サービスパック「V13.2J」を2020年9月16日(水)にリリースしました。V13.2Jでは不具合修正に加え、人気フレームワークに対応したデモの提供や新しいInputManJSセルの追加などを実施しています。

Wijmoのカスタムエディタでデータ入力を効率化する

本記事では、2020年8月19日にリリースされた「Wijmo 2020J v2」の新機能から、「カスタムエディタ」を使用してデータ入力を効率化する方法を紹介します。

Angular 10の新機能「日付範囲ピッカー」を試してみた

この記事では、「Angular 10」で追加されたさまざまな新機能の中から、Angular Materialに追加された新しい「日付範囲ピッカー」の使い方についてご紹介します。

InputManJS V2.4Jリリース!

InputManJSの最新サービスパック「V2.4J」を2020年9月2日(水)にリリースしました。V2.4Jでは不具合修正に加え、各種コントロールでの長体表示やクリアボタンの表示などの機能強化を実施しています。

帳票出力でデータの集計や分類を行える「ActiveReportsJS」のテーブル機能 ― CodeZine記事

開発者のための実装系Webマガジン「CodeZine」で「帳票出力でデータの集計や分類を行える『ActiveReportsJS』のテーブル機能」が公開されました。

Wijmo 2020J v2リリース!

JavaScriptライブラリ「Wijmo(ウィジモ)」の最新バージョン「2020J v2」を、2020年8月19日(水)にリリースしました。多くのコントロールで機能の強化・改善が行われています。

Wijmo 2020J v2の新機能

2020年8月19日(水)にリリースするWijmo(ウィジモ)の最新バージョン「2020J v2」の新機能を紹介します。Webサイトでは「2020J v2」の新機能を実際に確認できるサンプル付きで紹介していますので、ぜひご確認ください。

OutSystemsでExcelライクなUIを実現できるコンポーネントを販売開始

「OutSystems」上で表計算機能を実現するコンポーネント「SpreadJS for OutSystems(スプレッドJS フォー アウトシステムズ)」を2020年7月28日(火)にリリースしました。

  • グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の製品・技術資料をご覧ください。
  • グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の製品のデモアプリケーションをお試しください。