GrapeCity.devlog

グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の、製品のTIPSや発売などに関する最新情報をお届けします。

GrapeCity

ActiveReportsJS

npm & ActiveReportsJSクイックスタート

「ActiveReportsJS」は「npm」を利用してCLIから手軽にライブラリのダウンロードと配置を行うことができます。今回はこのnpmの仕組みを利用しながら、ActiveReportsJSの帳票ビューワを使用する方法をご紹介します。

表現力豊かな帳票を出力できる「ActiveReportsJS」の活用 ― CodeZine記事

開発者のための実装系Webマガジン「CodeZine」で、『HTML・JavaScriptの処理で表現力豊かな帳票を出力できる「ActiveReportsJS」の活用』が公開されました。ActiveReportsJSの機能や利用方法について解説しています。

「Developers Summit 2020(デブサミ2020)」にブース出展します!

2020年2月13日(火)、14日(金)に開催される「Developers Summit 2020(デブサミ2020)」にブースを出展します。会場にお越しの際は、ぜひブースにお立ち寄りください。

ActiveReportsJSで請求書を作ってみよう!

ActiveReportsJSは日本仕様の帳票を手軽に作成できるJavaScriptライブラリです。今回の記事では、帳票デザイナで請求書のレイアウトを作りながら、ActiveReportsJSでの帳票デザインの基本をご紹介したいと思います。

JavaScript製品「テスト配布ライセンス」発売のお知らせ(2020年1月22日〜)

2020年1月22日より、アプリケーションの本番運用と並行して運用するテスト環境への配布でご利用いただけるJavaScript製品の新ライセンス「テスト配布ライセンス」の販売を開始いたします。

ActiveReportsJS「基本のキ」。帳票のデザインからブラウザに表示するまでの手順を一挙解説!

今回の記事では、帳票開発ライブラリ「ActiveReportsJS」を使用して、スクラッチで帳票定義ファイル(レポートファイル)を作成し、ブラウザ上の帳票ビューワに表示する手順を一気にご紹介したいと思います。

技術カンファレンス「ECHO Tokyo 2019」を開催しました【2020/1/29レポート公開】

2019年12月11日、日本での開催は5回目となる技術カンファレンス「ECHO Tokyo 2019」を、モダンなWebアプリケーション開発のトレンドである「SPA(Single Page Application)」をテーマに、秋葉原UDXで開催しました。

帳票開発ライブラリ「ActiveReportsJS」をリリース!

帳票の作成から出力までをクライアント側のみで実現できるJavaScriptライブラリ「ActiveReportsJS(アクティブレポートJS)」を2019年12月11日に発売開始しました。

帳票開発ツールの新星「ActiveReportsJS」とは何か

2019年12月11日(水)発売の新製品「ActiveReportsJS(アクティブレポートJS)」。.NET向け帳票開発ツールの定番「ActiveReports」と同じ名を冠するこの新製品を、少しだけご紹介したいと思います。

Webアプリケーションに帳票出力機能を組み込めるJavaScriptライブラリを新発売

クロスプラットフォームで動作する使いやすいデザイナと、ブラウザ上で帳票を閲覧できるビューワなどを収録したJavaScriptライブラリ「ActiveReportsJS(アクティブレポートJS)」を2019年12月に発売します。

  • グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の製品のデモアプリケーションをお試しください。