GrapeCity.devlog

グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の、製品のTIPSや発売などに関する最新情報をお届けします。

ASP.NET Core

ComponentOne 2019J v1 の新機能

ComponentOneの2019年1回目、「2019J v1」を2019年4月10日(水)にリリースします。 本記事では、今リリースにおける主な強化ポイントを紹介します。

DioDocsで作成するExcelファイルをPDFに出力する方法

「DioDocs」は .NETでドキュメントを操作するAPIライブラリです。ExcelとPDFの種別ごとにファイルを操作する多機能なAPIを提供する製品ですが、「DioDocs for Excel」だけでも、ExcelをPDFに出力することができます。

DioDocsで複数のPDFファイルをまとめて1つにできますか?

2018年10月に発売を開始したドキュメントAPIライブラリシリーズ「DioDocs(ディオドック)」は最初のバージョンアップを迎えました。2019年2月27日に提供を開始したバージョンでは、おもにPDF関連機能が強化されています。

究極に軽量な帳票生成環境を手に入れる ― CodeZine記事

ドキュメントAPIライブラリ「DioDocs(ディオドック)」の技術記事を紹介します。 以前、開発者のための実装系Webマガジン「CodeZine」で公開された記事を紹介したところ、衝撃というインパクトのあるタイトルの効果もあり多くの方にご覧いただきました。 今…

JavaScriptとWeb APIでデータベース処理を行うWebアプリを作成する【2019年版】

この記事では、JavaScriptとWeb APIを用いてデータベースのCRUD処理を行う方法を紹介します。こちらで紹介するWebアプリには「Wijmo(ウィジモ)」のFlexGridとCollectionViewを使用しています。

ComponentOne 2018J v3 の新機能

ComponentOneの2018年の3回目、「2018J v3」を2018年11月29日(木)にリリースします。 本記事では、今リリースにおける主な強化ポイントを紹介します。 プラットフォームごとの情報は以下のショートカットをご利用ください。 デスクトップ(Windows Forms、WP…

.NET開発者のこれからを示すセミナーを12月17日に開催!~「ECHO Tokyo 2018」

業務システムのクロスプラットフォーム開発に備える これまで業務システムの多くはWindowsアプリケーションとして開発、利用されてきました。しかし昨今はICTが活用される業務範囲の拡大や、利用者の働き方の変化にともない、多種多様な利用形態やデバイスで…

Azure DevOpsを使用してASP.NET Core MVCアプリをAWS Elastic Beanstalkへデプロイする

以前の記事ではVisual Studio Team Services(VSTS)を使用してVisual Studio 2017で作成したASP.NET Core MVCアプリをAzure App Service(Web Apps)へ配布および動作させる方法を紹介しました。 その後、VSTSは2018年9月に「Azure DevOps」として更新され…

ドキュメントを生成・更新する開発支援APIライブラリシリーズの新ブランド「DioDocs(ディオドック)」を発表

グレープシティの新たな取り組みとなる、.NET Standard 2.0に対応した新製品がいよいよ10月にリリースとなります。 名前は「DioDocs(ディオドック)」と申します。ドキュメントを生成・更新する開発支援APIライブラリです。.NET Core でWindows、macOS、Lin…

ダッシュボードとタブを使ってデータを参照しやすくする

はじめに 今回はComponentOne 2018J v2で追加されたDashboardLayoutとTabPanelをASP.NET Core MVCのRazorページで実装してみます。 まずは簡単にDashboardLayoutとTabPanelの紹介をしたいと思います。 DashboardLayoutコントロール このコントロールではWeb…

Azure DevOps ProjectsでASP.NET Core MVCアプリをデプロイしてみる

2018年7月にAzure DevOps ProjectsというAzureのサービスがGAされました。 Azure DevOps Projects general availability – Microsoft DevOps Blog 「Azure DevOps Projects」は以下で紹介されているように、Visual Studio Team Services (VSTS)を使ったCI/CD…

ActiveReportsの「ASP.NET Core 非対応」を回避する方法

「ActiveReportsは.NET Coreに対応していますか?」 お客様から、よく問い合わせがあります。 しかし残念ながらActiveReportsの帳票デザイナや帳票エンジン(帳票の作成を行う部分)は.NET Core上では動作しません。 ActiveReportsで帳票を作成するには.NET …

FlexGridでAzure Cosmos DBを使ってみる(ASP.NET Core MVC)

今回はAzure Cosmos DB(SQL API)に登録したデータをComponentOne for ASP.NET MVCのFlexGridで表示してみます。 Azure Cosmos DB Emulatorの準備 データの作成 アプリの作成 Azure Cosmos DB .NET Core SDKの追加 モデルの作成 接続情報の設定 FlexGridの…

Entity Framework Coreでデータベースを参照する

今回はEntity Framework Coreを使ってAzure SQL Databaseにアクセスし、ComponentOne for ASP.NET MVCのFlexGridでデータを表示してみます。 Azure SQL Databaseの準備 ASP.NET Core MVCアプリの作成 Entity Framework Coreのインストール モデルの作成 コン…

ASP.NET CoreならmacOSやLinuxでコンポーネントを利用できる

冒頭から否定文になりますが、グレープシティのコンポーネントはmacOSやLinuxを対象とした開発環境はサポート範囲外です。 これはComponentOneに含まれるASP.NET MVC用コンポーネントのことです。ASP.NET Coreに対応していますがそれは運用環境であり開発環…

Visual Studio Team Servicesを使用してASP.NET Core MVCアプリをデプロイする

皆さん、Visual Studio Team Services(VSTS)使っていますか? 今回はComponentOne Studio for ASP.NET MVCのFlexChartコントロールを利用したASP.NET Core MVCアプリを、VSTSを使用してAzure App Service(Web Apps)へ継続的にデプロイする方法を紹介しま…

ComponentOneを使ってASP.NET Coreアプリ開発(1) ―CodeZine掲載記事

開発者のための実装系WebマガジンCodeZineで、ComponentOne Studioに関する新しい記事が公開されました。 「ComponentOne Studio for ASP.NET MVC」をASP.NET Core 2.0で使用する方法について、前後編で解説いただいています。今回は「Windows編」です。 設…

  • グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉ではエンジニア経験者を幅広く募集しています。
  • グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の製品のデモアプリケーションをお試しください。