GrapeCity.devlog

グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の、製品のTIPSや発売などに関する最新情報をお届けします。

GrapeCity

.NET Core

Blazor WebAssemblyアプリをAzure Static Web Appsでホストする

本記事では、Visual Studio 2019を使用して作成したBlazor WebAssemblyアプリケーションを、Azure Static Web Appsへデプロイする方法を紹介します。

「.NET 5」の正式版がついにリリース!新しく追加された機能をまとめて解説

2020年11月10日からマイクロソフト社が開催しているバーチャルイベント「.NET Conf 2020」の初日に、「.NET 5」の正式版のGAが発表されました。今回は.NET 5の新機能から気になったものを紹介していきます。

DioDocsをBlazor WebAssemblyで使ってみる

今回は「DioDocs(ディオドック)」を利用したExcelファイルとPDFファイルの生成を、Blazor WebAssemblyで動作するアプリケーションで実行してみます。

DioDocsでExcelのワークブックやワークシートをHTMLに出力する

今回は、「DioDocs(ディオドック)」でExcelファイルに含まれるワークブックやワークシートをHTMLに出力する機能を紹介したいと思います。

DioDocs V3J SP2リリース

C#やVB.NETでExcelやPDFを作成・編集するAPIライブラリ「DioDocs V3J」の最新サービスパック「Service Pack2」を、本日2020年9月16日(水)にリリースしました。

DioDocsでHTMLをPDFと画像に出力する

今回は、「DioDocs(ディオドック)」でHTMLのコンテンツをPDFや画像に出力する機能を紹介したいと思います。こちらは2019年12月18日(水)にリリースされた「DioDocs V3J」でDioDocs for PDFに追加された機能です。

Blazor WebAssemblyで高機能なデータグリッドコントロールを使用する

今回の記事では、Blazor WebAssemblyの公式のプロジェクトテンプレートをベースに、Blazor WebAssemblyの基本的な使い方や、標準のテーブルを高機能なデータグリッドに置き換える手順などをご紹介したいと思います。

GitHub ActionsでWPFアプリをビルドしてみる(前編)

GitHub Actionsを使用して.NET Coreデスクトップアプリ(WPFとWindows Forms)をビルドするためのワークフローテンプレートがリリースされたので早速このテンプレートを試してみました。

DioDocsでExcelのワークシートやオブジェクトを画像に出力する

今回は、「DioDocs(ディオドック)」でExcelファイルに含まれるワークシートやオブジェクトを画像に出力する機能を紹介したいと思います。

DioDocs V3J SP1 リリース

C#やVB.NETでExcelやPDFを作成・編集するAPIライブラリ「DioDocs V3J」の最新サービスパック「Service Pack1」を、本日2020年5月20日(水)にリリースしました。

.NET Coreに対応したMultiRowPlus for Windows Formsの最新サービスパックを公開

2020年4月7日にMultiRowPlus for Windows Formsの最新サービスパックを公開しました。今回のサービスパックで、MultiRowシリーズもついに.NET Coreに対応します!本記事でその詳細について少しだけご紹介します。

.NET Coreに対応したInputManで次世代のアプリ配布方法を試す(MSIX編)

今回は.NET CoreのWPFアプリケーションをMSIXパッケージで配布する方法を、入力支援コンポーネント「InputManPlus for WPF(インプットマンプラス)」を使用して試してみたいと思います。

.NET Coreに対応したInputManで次世代のアプリ配布方法を試す(自己完結型編)

.NET CoreのWindowsアプリでは、自己完結型やMSIXなど、アプリケーションの配布方法にも新しい要素が登場してきています。今回「自己完結型」で単一の実行可能ファイルを配布する方法を試してみたいと思います。

.NET Core版Windows FormsでInputManを使う

既にご存知の方も多いと思いますが、.NET Core 3.0からWindows FormsとWPFをサポートするようになりました。本記事では.NET Core版Windows FormsでInputMan(インプットマン)を使用する方法について紹介します。

WPF/WinFormsアプリのマイグレーションとモダナイゼーション ― CodeZine記事

開発者のための実装系Webマガジン「CodeZine」で、「WPF/WinFormsアプリをマイグレーションして、ComponentOneを利用したモダナイゼーションを行う」が公開されました。

ついに.NET Coreに対応!InputManPlus for Windows Forms/WPFの最新サービスパックを公開

2020年2月25日にInputManPlus for Windows Forms/WPFの最新サービスパックを公開しました。今回のサービスパックで、InputManシリーズがついに.NET Coreに対応します!本記事でその詳細について少しだけご紹介します。

DioDocsでPDFフォームのデータ入出力を実装する

今回は、「DioDocs(ディオドック)」で追加された、PDFフォームのデータ入出力を実装するため機能を2つ紹介したいと思います。

DioDocs V3Jの新機能

2019年12月18日(水)にリリースするDIoDocs(ディオドック)の最新バージョン「V3J」の新機能を紹介します。

ComponentOne 2019J v3リリース!

.NET UIコンポーネントライブラリ「ComponentOne(コンポーネントワン)」の最新バージョン「2019J v2」を、2019年12月4日(水)にリリースしました。多くのコントロールで機能の強化・改善が行われています。

DioDocsをBlazor Serverで使ってみる

今回は「DioDocs(ディオドック)」を利用したExcelファイルとPDFファイルの生成を、Blazor Serverで動作するアプリケーションで実行してみます。

.NET Conf in Tokyo 2019に行ってきました

「.NET Conf in Tokyo 2019」が10月27日(日)に日本マイクロソフトの品川オフィスで開催されました。運よく当選して参加できましたので、今回はその内容を簡単にご紹介したいと思います。

.NET Core 3.0でDioDocsのベンチマークを確かめてみる

本記事では、現時点で最新の「.NET Core 3.0」において、DioDocs(ディオドック)とその他のライブラリを使用して、Excelファイルを生成した際の測定結果を紹介します。

DioDocsで市外局番一覧のCSVを作成する

本記事ではDioDocsを使用して、PDFで保存されている市外局番のデータを読み込み、CSVで出力する方法について説明します。

「.NET Core 3.0」正式版リリース!デスクトップアプリ開発者の反応は!?

2019年9月23日から開催されている「.NET Conf 2019」の初日に、「.NET Core 3.0」の正式版のGAが発表されました。注目の新機能を弊社ユーザーの.NET Core移行意識調査のアンケート結果と共にご紹介します。

AWS LambdaでExcelやPDFファイルを出力する

本記事では、AWS Lambdaで「DioDocs(ディオドック)」を使用した .NET CoreベースのLambda関数を作成し、ExcelやPDFファイルをAWS S3へ出力する方法について紹介します。

Azure FunctionsでDioDocsを使う

de:code 2019で実施したセッション「Excel・PDFを生成・更新するライブラリ『DioDocs(ディオドック)』を利用してクラウドネイティブな業務アプリケーションを構築する」でお見せしたデモについて解説します。

.NET StandardなクラスライブラリでDioDocsを使う

今月、米国シアトルで開催されたMicrosoft Build 2019の内容をご覧になった方も多いかと思いますが、その中で今後の .NETに関するロードマップが発表されました。現在のプレビューの .NET Core 3.0は今年の9月にリリースされ、2020年11月には .NET 5がリリー…

DioDocsで作成するExcelファイルをPDFに出力する方法

「DioDocs」は .NETでドキュメントを操作するAPIライブラリです。ExcelとPDFの種別ごとにファイルを操作する多機能なAPIを提供する製品ですが、「DioDocs for Excel」だけでも、ExcelをPDFに出力することができます。

DioDocsで複数のPDFファイルをまとめて1つにできますか?

2018年10月に発売を開始したドキュメントAPIライブラリシリーズ「DioDocs(ディオドック)」は最初のバージョンアップを迎えました。2019年2月27日に提供を開始したバージョンでは、おもにPDF関連機能が強化されています。

究極に軽量な帳票生成環境を手に入れる ― CodeZine記事

ドキュメントAPIライブラリ「DioDocs(ディオドック)」の技術記事を紹介します。 以前、開発者のための実装系Webマガジン「CodeZine」で公開された記事を紹介したところ、衝撃というインパクトのあるタイトルの効果もあり多くの方にご覧いただきました。 今…

  • グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の製品・技術資料をご覧ください。
  • グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の製品のデモアプリケーションをお試しください。