ActiveReports for .NET 16.0Jリリース!

日本の帳票開発に必要なすべての機能を搭載した .NET開発コンポーネント「ActiveReports for .NET(アクティブレポート)」の新バージョン「16.0J」を、本日2022年4月20日(水)にリリースしました。

ActiveReports for .NET 16.0J

本バージョンでは、 .NET Coreによるデスクトップアプリケーション(Windows Forms/WPF)開発に対応したほか、マイクロソフトのアプリケーションフレームワーク「 .NET 6」をサポートするなど、 .NET環境への対応を強化しています。
また、セクションレポートがASP.NET Coreに対応したことにより、ActiveReportsが提供する3つのレポート形式すべてにおいて、JSビューワやPDFエクスポートを使用して帳票が出力可能となりました。
さらに、レーダーチャートやASP.NET Core Blazorに統合して使用できる「Blazorビューワ」の追加、縦中横(たてちゅうよこ)をサポートするなど、お客様の要望にお応えし、多数の新機能の追加や機能強化も行っています。

このほかの新機能については、以下をご確認ください。

最新版を無料でお試しできるトライアル版を公開しています。

同製品の保守サービスをご契約中のお客さまは、お持ちの開発ライセンスを最新バージョンへバージョンアップできる「フリーアップグレード」のご利用が可能です。お手続き方法については以下をご確認ください。

本件に関するニュースリリースは以下をご覧ください。