4月20日にActiveReports for .NET 16.0Jをリリース

.NET帳票コンポーネント「ActiveReports for .NET(アクティブレポート)」の新バージョン「16.0J」を2022年4月20日(水)にリリースします。

ActiveReports for .NET 16.0J

約2年ぶりのバージョンアップとなる「16.0J」では、.NET環境の対応を強化を行ったほか、下記のような新機能を追加します。

新環境への対応

  • .NET 6とVisual Studio 2022に対応
  • セクションレポートがASP.NET Coreに対応
  • .NET Core/.NETのデスクトップアプリケーションに対応

新機能の追加

  • レーダーチャートの追加(エリア、バブル、散布図、折れ線)【ページレポート・RDLレポート】
  • 縦中横への対応 【ページレポート・RDLレポート】
  • ページの表示・非表示の制御 【ページレポート】
  • PDFフォーム作成用コントロールの追加(Professional専用) 【セクションレポート】
  • JSONデータソースに対応 【セクションレポート】
  • Blazorビューワ(Professional専用) 【全レポート形式共通】
  • GS1データマトリックス 【全レポート形式共通】

この他にも、お客様の要望にお応えし、様々な要件の帳票開発を支援する新機能の追加や機能強化を行っています。

新機能の詳細については以下のWebサイトからご確認いただけます。

本件に関するニュースリリースは以下をご覧ください。