GrapeCity.devlog

グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の最新情報をお届けします。製品のTIPSや発売情報、イベントのお知らせなどをいち早く発信中です。

Wijmo 2018J v3 の新機能

Wijmo(ウィジモ)の2018年3回目のメジャーバージョン「2018J v3」を2018年11月29日(木)にリリースしました。

f:id:GrapeCity_dev:20181120150451p:plain

今回のリリースでは、以下のような新機能の追加や強化、最新技術への対応を行っています。

  • 「FlexGrid」のグループパネルのフィルタ対応
  • 「PDF」にWeb Workerを追加、パフォーマンスの改善
  • 「ComboBox」のグループ化対応
  • 「Calendar」の機能強化(年ピッカー、移動ボタン長押し)
  • 「Menu」に階層メニューの追加とマウスホバーの対応
  • Angular 7をサポート

このほかにも多数のコントロールで機能強化が行われており、Webサイトでは2018J v3の新機能について、実際に触れるサンプル付きでご紹介しています。

本件についてのニュースリリースは以下よりご確認ください。※2018年12月3日追記


Wijmoは、Node.jsの便利なパッケージツール「npm」に対応しています。

SpreadJS新機能 | JSONオプションの使い方

2018年8月29日にリリースしたSpreadJS V11Jでは、スプレッドシートデータのシリアル化/逆シリアル化において、書式や数式情報の読込み・書出しをオフにしたり、行列ヘッダを固定行に変換したりできるオプションが追加されました。膨大な量のスタイルや計算処理を含むシートにおいて、それぞれを無視して読み込みが出来るようになった事で処理の高速化に役立てて頂けます。今回のブログでは、新しいオプションの概要と使い方について詳しく解説します。

続きを読む

Excelのセルに色を塗って画像を描く

Excelの目的外利用

Excelは幅広い用途で使え、応用力が半端ない素晴らしいアプリケーションです。
そのため、すぐに主目的の用途以外で利用することを考えてしまいます。

Excelを文書作成に使ったり、いわゆるExcel方眼紙はビジネスでも利用できるので、賛否両論があります。
また、絵をかいてみた、ゲームを作ってみた、などのツワモノは世界中にたくさんいます。その多くは日本にいるともいわれていますが…

さて、この記事のもそのような目的外利用がテーマです。
ドキュメントAPIライブラリの「DioDocs(ディオドック)」シリーズで、Excelファイルを生成できますので、セルを1つの要素として利用した画像、いわゆるドット絵を描いてみたいと思います。


ドット絵と言えば…

1983年に登場し多くの家庭に普及した任天堂のファミリーコンピュータ(通称:ファミコン)は、当時のコンピュータ技術の限界もあり、ゲームに登場するキャラクターは粗い画像で表現されていました。
低い解像度で表現するため、ひとつの色を1ドットで表示しその組み合わせで小さなキャラクターを作成しています。
そのような"雑"な制限がありながらも、世界的な大人気キャラクターになったのが「マリオ」です。

続きを読む

ComponentOne 2018J v3 の新機能

ComponentOneの2018年の3回目、「2018J v3」を2018年11月29日(木)にリリースします。
本記事では、今リリースにおける主な強化ポイントを紹介します。
プラットフォームごとの情報は以下のショートカットをご利用ください。

本件についてのニュースリリースは以下よりご確認ください。

続きを読む

Horizontal?Vertical?.NETで両面印刷するときに迷ったので図解してみた

帳票を扱うアプリケーションにおいて、印刷は切っても切り離せません。

その中でも、運用するユーザーの負担軽減や誤操作防止のため、用紙のサイズや向きなどの印刷設定をアプリケーション側であらかじめ設定しておく、というのはよくある要件です。

その中でもよくあるのが両面印刷です。.NET FrameworkのPrintDocumentなどで両面印刷する場合、PrinterSettings.Duplexプロパティを使用します。

PrinterSettings.Duplex Property (System.Drawing.Printing) | Microsoft Docs
Duplex Enum (System.Drawing.Printing) | Microsoft Docs

HorizontalVerticalを指定することで両面印刷の設定を行うことができますが、上記リンク先の列挙体の説明を見てもいまいちどのように印刷されるかピンときませんね。また、この設定は用紙の向きの影響も受けます。

というわけでDuplexプロパティの設定値と用紙の向きの関係を図解してみました。これでもう両面印刷で迷う必要はありません!

続きを読む