GrapeCity.devlog

グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の最新情報をお届けします。製品のTIPSや発売情報、イベントのお知らせなどをいち早く発信中です。

ドキュメントを生成・更新する開発支援APIライブラリシリーズの新ブランド「DioDocs(ディオドック)」を発表

グレープシティの新たな取り組みとなる、.NET Standard 2.0に対応した新製品がいよいよ10月にリリースとなります。

名前は「DioDocs(ディオドック)」と申します。ドキュメントを生成・更新する開発支援APIライブラリです。.NET Core でWindows、macOS、Linuxなどのクロスプラットフォーム環境で動作します。

DioDocs(ディオドック)

2018年7月10日に開催した開発支援ツール30周年記念フォーラム「Toolsの杜」にて先行して製品をご紹介したところ、反響が大きくスタッフも驚きました。

DioDocsは、開発環境や運用環境で専用ソフトウェアを使うことなく、DioDocsのライブラリをコード記述で操作し、各種文書を生成または更新できます。

ドキュメント形式ごとにライブラリを提供し、2018年10月17日(水)リリースの第一弾では、Excelファイルを生成・更新するためのAPIライブラリ「DioDocs for Excel」と、PDFファイルを生成・更新するためのAPIライブラリ「DioDocs for PDF」の2製品を発売します。

なお、DioDocsを利用して開発したアプリケーションを配布する場合のライセンス費用は無償で、デスクトップ、モバイル、クラウドなどアプリケーションの形式を問わずランタイムフリーとなっています。

Webページは本日OPENとなりました。今後、各製品でデモやトライアル版を公開していく予定です。どうぞご期待ください。

 

営業時間変更のお知らせ【2018年9月20日(木)】

誠に勝手ながら、2018年9月20日(木)は、弊社都合により以下の電話窓口受付時間を変更いたします。

【営業時間が変更となる窓口】
 営業部
 カスタマーサービス
 オーダーセンター

【2018年9月20日(木)の営業時間】
 午前:9時00分~12時00分
 午後:3時00分~5時30分

皆さまにはご不便をお掛けいたしますが、ご了承のほどお願い申し上げます。

グレープシティ株式会社
ツール事業部

PlusPakで.NET標準のプログレスバーの問題を解決する

プログレスバーは長時間かかるタスクがどの程度進んでいるのか進捗状況を表示させたい場合に使われるユーザーインターフェースです。

.NET Frameworkにはプログレスバーを表示するためのコントロールとして、「ProgressBarコントロール」が標準で用意されており、これをアプリケーションの中で使用されている方も多いのではないかと思います。

f:id:GrapeCity_dev:20180912134528p:plain

InputManPlus for Windows Forms」に同梱の「PlusPak」には、この標準のProgressBarコントロールの機能をさらに拡張した「GcProgressBarコントロール」が含まれています。

GcProgressBarコントロールを使用することによって、標準のProgressBarコントロールでは難しい、あるいは実装するのに非常に手間のかかる制御を簡単に実現することができます。

今回はGcProgressBarコントロールで解決できる、標準のProgressBarコントロールの問題点の例をいくつかご紹介したいと思います。

続きを読む

ツリー表示を実現するスプレッドシートの「アウトライン列」

2018年8月29日、弊社はJavaScriptライブラリ「SpreadJS」の最新バージョン「V11J」をリリースしました。今回はこの「V11J」で追加された機能の中からSpread.Sheetsライブラリの「アウトライン列」をピックアップし、ご紹介したいと思います。

シート上で階層表示を実現する「アウトライン列」

「アウトライン列」は、Spread.Sheetsライブラリの「インデント」と「グループ化」の特徴を組み合わせた機能です。

列のデータにインデントを設定してこの機能を有効にすると、同じインデントレベル(インデントの深さ)のデータがひとつの階層として認識され、UIによる一括の折りたたみや展開が可能になります。

「階層らしい外観」を提供するインジケーター表示

上記の例では、シートの左側に折りたたみ/展開用UIが表示されていますが、「アウトライン列」機能ではこのUIの代わり列内に「+」「ー」ボタンを表示する「インジケーター」オプションの設定が可能です。このオプションを設定し、グループ化用UIを非表示に設定すると、以下のように「階層らしい」外観を実現できます。

また、階層の画像設定も可能になっており、インジケーターオプションと組み合わせることで、次のような「ファイルエクスプローラー風」のツリー表示にも対応します。

階層を一括選択できるチェックボックス

加えて「チェックボックス」オプションを設定することにより、階層情報と連動して動作するチェックボックスが使用できるようになります。ツリー表示されたデータのなかから、特定のグループを一括選択する際などに効果を発揮する大変便利な機能です。

ここまでにご紹介した「アウトライン列」機能と各オプションの動作は以下で確認できます。インジケーターやチェックボックスの動作などを是非、実際のサンプルでお試しください。

いかがだったでしょうか。今回はSpread.SheetsライブラリのV11Jにおける新機能「アウトライン列」についてご紹介しました。同機能のみならず、SpreadJSのV11Jには他にも様々な新機能が搭載されています。弊社ウェブサイトでは、V11Jの新機能詳細やデモを公開していますので、上記のサンプルとあわせてご確認いただければ幸いです。