GrapeCity.devlog

グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の最新情報をお届けします。製品のTIPSや発売情報、イベントのお知らせなどをいち早く発信中です。

WPF業務アプリで多彩なドキュメントを作成!

業務アプリケーションで作成したデータを別のシステムへ持ち出したい場合、一般的にはCSVのような形式を使用しますが、使用者に専門的な知識がなくても多くのPCで表示できる形式が望まれる場合もあります。

ComponentOne Studio for WPF」では、多彩なドキュメント生成機能を業務アプリケーションに組み込み可能です。

 

●Word形式

「C1Word Library for WPF」では、Microsoft Word(*.docx)、RTFドキュメント(*.rtf)を作成することができます。マルチフォントおよび各フォント設定、ブックマーク、ハイパーリンク、メタファイル画像の表示、複数の用紙サイズ設定などをサポートします。

f:id:ComponentOne_JP:20170330105219p:plain

●PDF形式

Adobe PDFドキュメントの作成には、「PDF for WPF」が便利です。セキュリティ、圧縮、アウトライン、ハイパーリンク、添付ファイルといった、PDFの高度な機能もサポートしています。

f:id:ComponentOne_JP:20170330105312p:plain

Excel形式

Excel for WPF」を使用すれば、行、列、セルで構成される単純なグリッドを使用するように、Microsoft Excelファイルを作成/編集/ロード/保存することができます。

f:id:ComponentOne_JP:20170330105413p:plain

 

以下の記事では、これらのコンポーネントを利用するための使用方法が紹介されています。

 

「ComponentOne Studio」を使用して、業務のデータを直接資料として出力する機能をアプリケーションに組み込んでみませんか? 

≫≫ WPF開発で役立つコンポーネントセット「ComponentOne Studio」

 

この記事はグレープシティが発行するメールマガジン「PowerNews」の第467号(2017/3/23発行)に掲載された記事を、加筆修正して転載したものです。  
≫グレープシティの最新情報を発信!メールマガジン「PowerNews」
製品の最新情報、プログラミングに役立つコラムのほか、プレゼント企画やセミナーのご案内など、日々の開発業務に役立つ情報をお送りしています。 
PowerNews - メールマガジン | GrapeCity Developer Tools 

Copyright © GrapeCity, Inc. All Rights Reserved.